紫陽花

11日に客人を案内しがてら三室戸寺から平等院を回って来ました。
この客人は福知山に単身赴任です 京都大好き人間の家族に京都に転勤になったと言ったら大喜びをされたとか その後 福知山だよぉんと言ったらガッカリ 京都は京都でも日本海 端だわねぇ!
大阪から1時間半それ又良しとしましょうよ(笑)
d0219351_15234375.jpg

8時半に我が家を出ましてね 遅くとも帰りは4時には帰ろうね との段取りで動き回りましたよ。
先ずは京橋から京阪で中書島下車 そして宇治線で三室戸下車です。
歩いて1K 15分三室戸寺まで これからずっと帰るまで歩き詰めですよ。
ここは紫陽花で有名ですが花の寺という事で四季折々お花を愛でることができます。

桜 しだれ桜  4月上旬:一万5千平方メートル
つつじ しゃくなげ  4月下旬〜5月上旬頃 つつじ・シャクナゲ
初夏 紫陽花 蓮
6月〜7月上旬:西洋あじさい、がくあじさい『幻のあじさい』とされているシチダンカ(七段花) など 約50種1万株  蓮は 7月上旬〜8月中旬 珍種の蓮『大洒錦』など約100種250鉢
秋 紅葉 秋明菊 11月中旬以降      
d0219351_15275984.jpg

d0219351_15351372.jpg

d0219351_15353118.jpg

d0219351_15355837.jpg

d0219351_15361717.jpg

d0219351_15363812.jpg

d0219351_1537099.jpg

d0219351_15372073.jpg

d0219351_15373825.jpg

良い写真が撮れましたか 二人はカメラとスマホをむけて ・・・
朝早くでしたので人出はまぁまぁ 開花も5分咲きでした 雨がなく待たれますね
紫陽花は雨が合います。
ここから平等院まで歩きました 本来はタクシーで行こうと言っていたのが一向に来ないんです。
では三室戸駅まであるこうよ 復路は早く感じるよ と言いながら駅まで着くと なんとまぁ 人身事故で何時になるかわからないというアナウンス では仕方ない一駅だから 私は大丈夫だから歩こうよという事で宇治駅まで歩いたんですよ。
宇治橋です
646年(大化2年)に初めて架けられたという伝承のある橋なんですね
d0219351_15453758.jpg

橋を渡り終わると 紫式部の像が優雅に・・・・
d0219351_1548979.jpg

d0219351_15491352.jpg

おなじみ10円玉の平等院ですよ。修復工事も終わって綺麗に!
d0219351_1550028.jpg

d0219351_15504810.jpg

赤い橋を渡って
d0219351_15514478.jpg

ここからは私の案内です お友達の和美さんに以前案内して頂いている素晴らしいスポットに・・
ここまではあまり皆さんお出かけにならないところだと思います。
興聖寺です
曹洞宗の寺院で日本曹洞宗最初の寺院ということです。
d0219351_15535786.jpg

琴坂を登っていくと山門が見えます。
d0219351_15584728.jpg

山門をくぐると
d0219351_162212.jpg

d0219351_1625388.jpg

d0219351_1632697.jpg

15年5月23日に行っています 合わせてみてくださいね。
興聖寺を後にして福寿園で昼食です
d0219351_16132184.jpg

30分の待ち時間も椅子に腰かけて話し込み気になりません。
これから世界遺産の宇治上神社迄出かけます
d0219351_16145583.jpg

d0219351_1616259.jpg

駅前でお祭りでしょうか!
d0219351_16282835.jpg

d0219351_16291432.jpg


奈良にする?どうする?と迷って宇治に出かけましたが 正解でした。
サットンは興聖寺方面は初めてで感動していました 今年の紅葉は一か所は決まりました。
また行くぞぉ~~~タケちゃんまた秋に行こうね。

皆さんお付き合いありがとうございました。

2017 6 18 ノブコン記
[PR]
# by nobkonsky | 2017-06-18 16:52 | 紫陽花を訪ねて | Comments(0)

秋田 青森 函館 桜追っかけ旅

4月28日から5月1日まで長年の計画を実行できることができました。
桜の追っかけに出かけてきました。
d0219351_14505313.jpg

伊丹空港7時55分 秋田空港9時10分着の飛行機です お天気に恵まれました。
d0219351_14551747.jpg

空港にはなまはげ??がお出迎えです。やはりまだ空気はぴんと張って冷たく感じました。
駅前のトヨタレンタカーを借りて角館に 憧れていた黒塀からの枝垂れ桜の武家屋敷散策です。
駐車場は観光バスが満車です 私達は 個人のお庭の臨時駐車場に・・・
d0219351_14584251.jpg

先ずは桧木内川堤のソメイヨシノのトンネルを潜りました。
d0219351_151337.jpg

d0219351_1523210.jpg

そして武家屋敷に・・・・
d0219351_1532637.jpg

d0219351_15410100.jpg

d0219351_1543172.jpg

d0219351_1545354.jpg

ちょっとがっかりです"(-""-)"
桜のパンフレットなどで見る武家屋敷の黒塀に垂れ下がっている枝垂れ桜・・・
想像に胸膨らませていましたが・・なんや!たいしたことない これが現実!期待外れでした。
どこにでもお行儀の悪い外国の方が多くてね。写真を撮るのもままならずです。
お昼を食べて さぁっと見て もういいよと 車に走ったような状態です 皆様想像してくださいね。
車を走らせ田沢湖を横に見て刺巻水芭蕉湿原に(ここ入場無料)
凄いよ こんな群生は尾瀬より凄いんじゃないのと大声を上げてはしゃいでる自分が可笑しくなってね。角館のがっかりをここで埋めてもらって居る感じですよ。
d0219351_15111192.jpg

d0219351_15113312.jpg

d0219351_1512457.jpg

そして少し車を走らせて西木のカタクリ群生の郷へ行きます。ここも素晴らしいです。
d0219351_15244036.jpg

d0219351_1525482.jpg

d0219351_15252216.jpg

d0219351_15254492.jpg

d0219351_1526333.jpg

カタクリは地元では「カタッコ」「カタンコ」と呼ばれるユリ科の多年草。
特産の西明寺栗を栽培する栗林に自生しており、その規模は20ヘクタール(東京ドーム4.2個分)にも及びます。
これほどまでに群生した理由としては、栗の木の剪定や間伐により日当たりが良くなり、また徹底した肥培管理で堆肥が群生に適した栄養分になっているためと思われます。カタクリが発芽してから開花するまでには約8年かかり、また種子はアリによって運ばれます。
↑の説明は引用させていただきました。

ここから乳頭温泉 休暇村迄走ります 今日のお宿です。やっと取れたお宿です。
d0219351_1532055.jpg

周りは未だ雪の山が・・・昨日 雪が降ったとか!
d0219351_153396.jpg

おいしい会席料理の夕食 朝食を 素晴らしい温泉にどっぷりつかり 出発です。
あぁぁ 晴れ女の私も・・朝起きると雨です 大雨なんです でもそんなことでは泣いていられません、お昼過ぎには弘前迄行かないとね。
新玉川温泉 鹿角八幡平 大鰐弘前ICを降りる頃あの雨が・・・止んだんです
大雨は車に乗っているときだけ 午前中・・上がりましたぁ\(^o^)/
弘前駅前でレンタカーを返却して バスに乗り弘前城に リュックは勿論コインロッカーです。
d0219351_15414794.jpg

お堀では花筏が出迎えてくれます
d0219351_1544876.jpg

d0219351_15452044.jpg

d0219351_15454669.jpg

d0219351_15461657.jpg

d0219351_15465067.jpg

d0219351_15471665.jpg

d0219351_15473361.jpg

岩木山の姿が桜に生えてとても素敵でした。これがあのお岩木山かと感動!! 
d0219351_15475512.jpg

弘前城の桜は圧巻でした。吉野山のヤマザクラ、弘前城のソメイヨシノ、高遠城址のコヒガン桜が 日本3代桜と言われています。念願が叶いました。
ラッセねぶたまつり会館でねぶたを見ます 生のねぶた祭りを見てみたいものです。
d0219351_15533972.jpg

d0219351_1554168.jpg


これから新青森駅から北海道新幹線に乗ります 新函館北斗駅に
d0219351_160121.jpg

何もない駅前の唯一のホテルに泊まりますホテルラジェンドプラザ函館北斗です
d0219351_1645719.jpg

(写真お借りしました)
お部屋はランクアップしてくださいましたよ。
周りは何もないところですがこれからニョキニョキとビルができ開発で発展するのでしょうね。


MORAに続きます

続きます
[PR]
# by nobkonsky | 2017-05-28 18:21 | | Comments(0)

桜 2017年

今年の桜は 京都八幡 の背割堤の見事な桜です。
京阪八幡駅で降りて 御幸橋を渡ると見事な桜並木が見えてきます。
250本のソメイヨシノが植わっています。まずは見てくださいね。
d0219351_16454680.jpg

d0219351_16464058.jpg

背割堤は、京都府八幡市にある堤防である。
宇治川と木津川の合流部に全長1.4kmに渡って二つの河川を区切るように設置されています。
洪水発生時に両河川をスムーズかつ安全に合流させる役割を果たしている堤に桜並木があるんです。
d0219351_16481776.jpg

お友達夫婦と4人で行って来ました
堤防の上から
d0219351_1649061.jpg

d0219351_16492585.jpg

d0219351_164948100.jpg

d0219351_1650869.jpg

d0219351_16503377.jpg

そして堤防を降りて下から眺めます
d0219351_16513317.jpg

d0219351_16515522.jpg

d0219351_16521510.jpg

大きな3頭のワンちゃんもお花見です。
ラブラドールが3頭いましたが一頭は寝転んでいました。
あまりの可愛さに了解を得てカメラを向けさせてもらいました。
d0219351_16531623.jpg

風に乗って花弁が散っています 昨日の雨で大きな水たまりが出来ています
花筏になっていますよ、
d0219351_16543953.jpg

丁度お昼時 お昼の宴が始まりそうです
d0219351_16553035.jpg

何時も京都に行くときには京阪で行きますが車窓から眺めていた桜がこのように素晴らしいとは思いませんでした\(^o^)/
そしてここから1時間半位歩いたでしょうかアサヒビールの大山崎山荘美術館に足を延ばしました。
d0219351_16583151.jpg

d0219351_1659010.jpg

大阪府と京都府の境にある天王山の山腹に位置します。(秀吉・光秀が戦った山崎の合戦場です)
真下に木津川・宇治川・桂川の三川が淀川へと合流する美しい風景を見ることができます。
d0219351_1711899.jpg

d0219351_1715434.jpg

d0219351_1723794.jpg


山荘美術館庭園にてパチリ!!楽しい一日になりました。
それにしても歩きました18,000歩です 少しお疲れです(笑)

お付き合いありがとうございました

2017 4 11 ノブコン記
[PR]
# by nobkonsky | 2017-04-11 20:12 | | Comments(0)

お彼岸ですね
わが家のお墓は京都三条にあります お墓参りは年に4回ほど出かけます。
早く出ましたよ8時半には家を出ていました 三連休の中日で皆さん早くからの行動です。
暖かな良いお天気でした 家には居れませんよね。
三条大橋を渡って
d0219351_14371862.jpg

市役所前からバスに乗ります 二条城前で下車です。
バスを降りてから東大手門の工事がなされていますので ぐるっと回ります
d0219351_1444031.jpg

d0219351_14453340.jpg

↑重要文化財です。
徳川家の栄枯盛衰と日本の歴史の移り変わりを見守ってきたお城ですよね。
d0219351_14464465.jpg

d0219351_1447066.jpg

写真撮影禁止でしたので残念ですが二の丸御殿(国宝)の大広間で15代将軍慶喜が大政奉還の意思を表明したことは日本史上あまりにも有名です。
d0219351_14472824.jpg

世界遺産です。 二の丸御殿・・・じっくり堪能しました 
二の丸庭園を見てから本丸御殿、
d0219351_1453949.jpg


本丸庭園回って梅林に行って見ましょう
d0219351_1457176.jpg

d0219351_14572474.jpg

d0219351_14575462.jpg

d0219351_14581079.jpg

d0219351_14582560.jpg

d0219351_14583870.jpg

d0219351_1459254.jpg

d0219351_1521162.jpg

こじんまりでしたが今年の梅はこれで堪能です。
そして勿論ランチを食べますわなぁ~~~
時間は2時前でした。
d0219351_1545719.jpg

プラット入ったイタリアン・・OKでしたよ なんとこれで1200円余は満足じゃ(⋈◍>◡<◍)。✧♡
三条駅までバスに乗り 京阪三条から帰路に着きます。
暖かなお彼岸の一日でした。

あ付き合いありがとうございました

2017 3 20 ノブコン記






ノブコンのぶらり探訪
(旧ぶらり探訪)
教室便り
花図鑑


にほんブログ村にほんブログ村 料理ブログ 晩ご飯へ
にほんブログ村
にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村
[PR]
# by nobkonsky | 2017-03-20 15:42 | 2017梅 | Comments(0)

アンコール遺跡&ホーチミン

JTB2月4日から8日まで出かけてきました。
70歳までに行かないとアンコールワットはキツイよ!とすでに行かれたお友達にさんざん言われていました。 
70歳 タイムリミットです 行くことに決定です 行くんだけれど行かない?と妹夫婦に誘いをかけると 即OK そしてお友達夫婦 お友達 10人の予定でしたが 一番行きたかったお友達が 姑さんのお体の変調で泣く泣くキャンセルになりました ビザの申請の用意をしていた時でした。そんな訳で9名の参加です。ツァーでしたが個人旅行のような感じで私達だけのツァーで最高の旅ができましたよ。
d0219351_22343876.jpg
d0219351_22345061.jpg

関西空港10時半のベトナム航空で一路タイソンニャット空港 ホーチミン着14時です
男組4名
d0219351_2237235.jpg

女組5名
d0219351_22375018.jpg

乗り継ぎ時間があります 先ずはフードコートで夕食です。
牛のホー と生春巻きを食べました。最初にベトナム料理の定番 美味しく頂きました。 私は口に入れませんでしたが ものすごく辛い香辛料の乗った野菜を食べた数人は涙を流していましたが・・・
d0219351_22395020.jpg

19時過ぎの飛行機でシェムリアップ空港に着きました。20時です。ガイドのオルさんが笑顔でお迎えです。
時差が日本と2時間ありますので日本時間は22時ですよね 少し眠くなってきましたがこれからホテルまでかれこれ30分はバスでかかりました。
ホテルはボレイ アンコール リゾート&スパというホテルです。JTBのお勧めでした。
d0219351_22453878.jpg

d0219351_22455455.jpg

チエックインの手続きを待っている間にウエルカムティーのサービスです 青いお餅がおいしかった!

d0219351_22461391.jpg

各自 部屋に着くと荷解きもほどほどに・・・1時を超えていました
明日はアンコールワットの夜明けの情景の見学です 5時に出るとのことで4時半のモーニングコールです 寝れるかなぁ~~
d0219351_22504216.jpg

仮眠を取りました。さあ出発です 暗いのですっぴんです。
30分ほど真っ暗なガタガタ道をバスに揺られて・・途中で2日間有効のチケットを作りに売り場まで連れていかれました 写真を撮ってぶら下げます。
d0219351_22532643.jpg

もうたくさんの人が出ています 少し前まではこのような朝日を見るツァーなど日本人しかしなかったようですが最近はこのツァーが人気らしいですよ。
d0219351_22554628.jpg

d0219351_2256338.jpg

期待して行きましたが 我が家のマンションから見れる朝日のほうが迫力があり綺麗かな??などと罰当たりなことを思ったりして!朝焼けにならなかったのが残念。
d0219351_22572989.jpg

d0219351_22574611.jpg

ホテルに帰り 朝食です。やはり大勢で食べると美味しく頂けますね。
d0219351_22585615.jpg

9時半にホテルを出発です ミネラルウオーター2本と日焼け対策をして・・・・
午前中はアンコールトム そして昼からアンコールワットの観光です。
d0219351_2315689.jpg

先ずは南大門です
d0219351_2323849.jpg

この狭い門に車 人 トゥクトゥク 象などが 通り抜けるんですよ 交通停滞もいいところで怖いぐらいです。
d0219351_233763.jpg

d0219351_2351249.jpg

さぁ門を潜ってみましょうね。
南大門を潜るとバイヨンに続きます。
d0219351_114581.jpg

d0219351_11484594.jpg

おじさんたちはジャンプして若さを競い合っているんです。大丈夫ですか?
d0219351_11491751.jpg

気高い天上の塔 と称され大小さまざまな四面仏塔が慈愛を感じさせます。大迫力
d0219351_11503535.jpg

d0219351_1151989.jpg

一番下の妹君ちゃんと!2番目の妹チーちゃんは何処に行ったのかな?いいや 二人で撮ってもらおう!
d0219351_11513698.jpg

d0219351_11533432.jpg

d0219351_11574980.jpg

象のテラスから~~~遊んでいます。
d0219351_1154310.jpg

d0219351_11553074.jpg

d0219351_1156425.jpg

ライ王のテラスまで小高い丘を登りました
巨大なガジュマルの根が遺跡を包み込むように浸食 巨木と遺跡の共存が作り出す独特の空間
d0219351_13411411.jpg

d0219351_13452262.jpg

d0219351_13561164.jpg

d0219351_13563821.jpg

d0219351_1357034.jpg

d0219351_13572462.jpg

ここで胸を叩くと鼓動が胸の奥まで響きます 皆は一斉に試してみます。
わぁ響いた響いた 大騒ぎです。
d0219351_13575294.jpg


夜明けのアンコールワットもよかったですが お昼のアンコールワットです
d0219351_13455674.jpg

d0219351_134731.jpg


塔の先をつまんでみました(笑) 石造伽藍の中に第一回廊、第二回廊、十字回廊、そして70度もある第三回廊と進んで行きます。ガイドのオルさんが上手な日本語で案内 レリーフが美しい 感動!!
d0219351_1348108.jpg

塔の上まで登りました そして下りてくるこの格好 笑えますね
大変な目をしてあがった見たものは
d0219351_14143315.jpg

d0219351_141281.jpg

d0219351_1412471.jpg

きょうの昼食は飲茶でした。
d0219351_1519582.jpg

今晩お夕食はビュッフェの夕食と伝統舞踊 アブサラの舞いを見ながら・・・
一日大汗をかき暑さと闘いながらの強行軍でした 夕食まで時間がりましたのでホテルに帰り
シャワーを浴びて少しオシャレをしてお食事処に繰り出しましたよ。
d0219351_1473214.jpg

d0219351_1475883.jpg



続きます MORA3日目をクリックしてね

More3日目
[PR]
# by nobkonsky | 2017-02-28 20:38 | アンコール遺跡&ホーチミン | Comments(4)