「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:スイス( 4 )

スイスアルプス№5

おはようございま~~す。
毎日晴天に恵まれて気分はハイテンションですよ。
午前中はルツェルン市内散策です。昨日の残りの旧市街を見て回ります。

何時もチームエイトで行動を共にしていないで 仲良しお二人さんとご一緒です。
d0219351_19373281.jpg

小高い城壁に登りました 見て、奥本さんが指さして何か言っていますよ。
何が見えたのかなぁ~~
d0219351_1940532.jpg

d0219351_1941636.jpg

ブラブラしながらお土産も少しずつゲット!
d0219351_1954333.jpg

d0219351_19415155.jpg

d0219351_19425737.jpg

ライオン記念碑 スイスの傭兵の死を悼んで1821年に慰霊碑として作られたとか。背中に刺さった弓矢で目が泣いています。
d0219351_19432840.jpg

ロイス川をはさんでみどころが集まる旧市街と新市街 人口は6万人程です
d0219351_2013822.jpg

スイスといえばハイジ さぁこれから「ハイジの故郷」マイエンフェルト観光です。
d0219351_206268.jpg

d0219351_2065774.jpg

ハイジノ像の前で・・・私たちが知っているハイジのお顔とは違いますね。チョット大人びてますね。
d0219351_2072275.jpg

昼食はスイス名物のチーズ料理ラクレットです。
ラクレットとはフランス語で「削るもの」「引っかくもの」を意味します。
チーズの断面を直火で温め、溶けたところをナイフなどで削いでジャガイモなどにからめて食お料理です
d0219351_20161062.jpg

はぁい 美味しいラクレットも頂いて これから ハイジの家に~~~
d0219351_20202321.jpg

d0219351_2020534.jpg

d0219351_20212029.jpg

d0219351_20215992.jpg

ハイジとペーター・・村の「ボランティアでお子様が交代で迎えてくれます。
d0219351_20253927.jpg

ハイジの少女のママとお姉さんが優しく見守っていましたよ。
d0219351_20262718.jpg

自分のお土産はハイジの絵本・・・・じっくり 訳さないとね 又勉強だ!
アルムおんじ と ハイジ ヤギのユキちゃんも・・・・
d0219351_20332942.jpg

さぁこれから最終地チューリッヒへ 105kです
d0219351_20462822.jpg

スイス北部に位置する一番の都市で空の玄関口でもあります。
d0219351_20482686.jpg

d0219351_20484463.jpg

街の中心部を2時間程散策、商業・文化の中心地で38万の人口 活気があります。
d0219351_2049793.jpg

d0219351_20492492.jpg

d0219351_2049566.jpg

d0219351_20502248.jpg

あぁ スイス旅行最後のチューリッヒの夕食です。
d0219351_2050519.jpg


ホテルはチューリッヒ空港のすぐ近所チューリッヒ エアーポート・・・・明日の朝9時25分のKL1954便で帰ります。
d0219351_20554839.jpg

d0219351_20582472.jpg

乗り継ぎのスキポール空港アムステルダムに着きました14時40分に関空に立ちます。
d0219351_2058502.jpg

柿本さんお世話になりました。無敵のチームエイトの称号を頂きまして、? 旅の間心配していたお天気も最高で晴れ女の威力を発揮しました。
もう一度・・・
d0219351_2124484.jpg

マダマダ 8人は余韻に浸っています。 素晴らしいスタッフのもとで素晴らしい旅行が出来ました、
お仲間の皆さん有り難う~~~~又行きたいね\(^o^)/


皆さま長い勝手気ままな旅日記におつき合い有り難うございました。
沢山の写真の中のほんの一割の写真のUPですが・・・
もっと素晴らしい写真もきっと見つけられずにあると思いますが 纏めてみました。

願わくば№1~5まで続けてみて頂いたら嬉しいです。

8月3日 ノブコン記
[PR]
by nobkonsky | 2013-08-03 21:59 | スイス | Comments(6)

スイスアルプス№4

昨日の思いがけないバースディーを皆さんにお祝いしてもらい 気持ち良く熟睡できました。
早起きしてオードリーご夫妻と駅まで朝のお散歩です。
d0219351_1542515.jpg

今日はユングフラウヨッホ観光です バスと登山列車を乗り継いで山頂駅ユングフラウヨッホ 3454mへ
7時45分の列車です。
アルプスの大パノラマを心行くまで堪能です。
d0219351_1551411.jpg

d0219351_156449.jpg

この登山列車はアイガー、メンヒの地下を潜って進みます(トンネルですね)所々で列車は止まり、覗き窓の中から外のアルプスを見ることが出来ます。
d0219351_15153363.jpg

d0219351_15163679.jpg
d0219351_1517783.jpg

3山カメラで収められませんので写真お借りしました。↓
アイガー3970m 3山の中で最もシャープなシルエットが特徴です。
アイガー北壁は登頂が困難ですよね。ここから見た感じでは 恐れ多くも 登れそうなんて そんなバカな!
メンヒ 4107m 見る角度によってまったく異なる表情の不思議な山 修道士という意味だそうです。
アルプスの乙女の別名も持つユングフラウ 4158mです。 ユングフラウ の雪に覆われた山頂が修道服に似ていると言われています。
d0219351_15482763.jpg

ユングフラウヨッホの山頂駅に着きました。駅の階段を上がってスフィンクス展望台にでます。
ここからは真近に迫るユングフラウの姿を見ることが出来ました。

d0219351_15203377.jpg

d0219351_15205631.jpg

洞窟の中の氷のお部屋で チョット よろけながら遊びます。
d0219351_15532957.jpg

記念にポスターカードを買い求め大阪の留守宅に…はぁいポストに投函です。
帰ってきて3日目に届きました。感動やね\(^o^)/
d0219351_15542838.jpg

昼食はクライネシャイデックで・・標高2061m登山列車の乗り換え駅です。
d0219351_15581755.jpg

駅前広場のテントの下の山小屋(山小屋と言えない立派なレストランですが)のテントの下で頂きました。
d0219351_15593287.jpg

駅舎の裏の小高い丘からお別れに~~~やっぱりすごいあわぁ 二度と来ることが無いだろうと思い しっかり瞼の奥に収めて来ました。
d0219351_1613763.jpg

登山列車でグリンデルワルトに降りて出発まで自由散策です。
d0219351_1644526.jpg

カフェに入ることにしました アイスコーヒーを・・何とも インスタントの粉ミルクで溶いたアイスです。
綺麗な店内ですがハエが群がっています スイスではハエは放し飼いの様ですよ 叩いて殺すと言う事はしないらしい~~~
d0219351_1685786.jpg

自由散策も終り今日の宿泊何処 ルツェルンに約93k走ります。
d0219351_1652233.jpg

d0219351_1655035.jpg

夕食タイムまでのの少しの時間 チョット旧市街を・・カペル橋です。中世の古都の面影がとても素敵です。
d0219351_16143950.jpg

d0219351_16151285.jpg

d0219351_16155282.jpg

d0219351_16162274.jpg

d0219351_16164970.jpg

またまたビールで乾杯\(^o^)/
d0219351_16171626.jpg

今日のホテルはルツェルン泊 ホテル ドライ コニーゲ・・・・
お休みなさい~~~~


マダマダ続きます。
[PR]
by nobkonsky | 2013-08-03 17:15 | スイス | Comments(6)

スイスアルプス№2

一日目は2時間ごとに目が覚めて よく眠れていなかったんです。
床に着く前に明日は絶対に5時半に起きてマッターホルンの朝焼け(モルゲンロート)を見ないと。。。。

絶対に晴れていますように 祈りながら・・・・曇から雨の予報だったんです。 ここで晴れ女の威力を発揮しませんと・・・
ガァン 朝陽がまぶしいです~~~~\(^o^)/
d0219351_16331610.jpg

見て下さいませ!こんなに素晴らしい姿が見えるなんてめったにないらしいですよ。(現に翌日早く起きてみましたが雲がかかり山の姿すら見えなかったのです)
d0219351_16351249.jpg

朝食を食べてから登山列車に乗ってゴルナーグラート展望台(3089m)まで向かいます。
マッターホルンの勇姿がぐんぐんと目の前に迫ってきます・・・・
d0219351_1642164.jpg

d0219351_1642831.jpg

d0219351_16425249.jpg

d0219351_16432725.jpg

ゴルナーグラートからは4000m級の山々と氷河の大パノラマが!!すごい絶景ですべてが富士山より高い
d0219351_16435556.jpg

d0219351_16441849.jpg

d0219351_16555778.jpg

 折り返し登山列車でローテンボーデン駅まで下り日本人ガイドさん竹内さんのガイドでリッフェルベルグ駅迄1時間半のハイキングです。
 わぁ すごぉい 逆さマッターホルンです。これもみたかったんですよね!感動です!
d0219351_210344.jpg

なんとも観光客は日本人ばかり ここ どこなん? スイスちゃうん?
d0219351_211403.jpg

ここから再度列車で下り、リッフェルアルプ駅からツェルマット駅まで2度目のハイク。空は快晴で空気も美味しくなんと涼しい事。憧れていたスイスでのハイキングを満喫
d0219351_1715452.jpg

d0219351_172534.jpg

沢山のアルプスの花々に会うことが出来ました。
d0219351_1724927.jpg

お若い可愛い竹内さん有り難う 妹と3人でハイ、パチリ お婿さん募集中ですって!
d0219351_1742616.jpg

お昼は大きなウィンナーとパンを買って川べりの木陰で皆で頬張りましたよ。
今日の夕食はフリーですので 7時にレストランを予約して 2時間程ゆっくりしましょうと話が纏まり小ざっぱりと皆さんシャワーを浴びまして 又街中に繰り出しました。
勿論お土産も沢山買いましたよ。
エコの街で車は総て電気自動車です こんなエコも見れましたがね(*^_^*)
d0219351_17102390.jpg

夕食は私達は添乗員の柿本さんお勧めのお店でお勧めの羊の背肉焼でした 大層おいしゅうございました。
d0219351_17115150.jpg

今日も一日終ろうとしています。
でも10時前まで明るいので食事から帰ってきても こんな明るさ・・・もう夏休みが始まっているとか・・・・
山の上の方の多分ホテルのお子さんかな??9時過ぎでもローラースケートで下ってきました。
お部屋のガーデンにいると 「こんにちは」と可愛い3人のお子さんが声をかけてくれました。
お子さんはドイツ語ですので全然解らず…お互いに片言の英語でお話が出来ました。
d0219351_20551678.jpg


明日は氷河特急に乗ってアンデルマットに出かけます。楽しみです!! 2連泊も今日でおしまい 荷造りをして明日の朝に備えます。


マダマダ続きます。
[PR]
by nobkonsky | 2013-07-17 21:57 | スイス | Comments(4)

スイスアルプス  №1

5日から総勢8名でスイスに出掛けて来ました。
アルプス3大名峰と氷河特急の旅というJTBの企画に乗っかって~~~
年賀状にも今年はスイスに行きたいとサットンが書きまして・・・呼びかけた妹夫婦 友人のオードリーご夫妻 そして35年来の2人の友人キヨ&カズさん総勢8名の珍道中を・・・・。
d0219351_2256329.jpg

関西空港10時20分発(現地時間は4日の3時20分です)日本とは7時間の時差が有ります。
d0219351_2305965.jpg

アムステルダム(オランダ)のスキポール空港に翌日13時に到着 ヤレヤレ12時間の飛行機です。
此処で2時間の乗り継ぎが有ります。イタリアの時にも確か此処で2時間乗り継ぎでしたっけ!
少しだけユーロに交換して・・・・
乗り継ぎの2時間を惜しむようにチョットだけお買い物をしていますよ。
d0219351_2313499.jpg

この飛行機で来たんだね。
d0219351_23134553.jpg

17時5分発でジュネーブのコアントラン空港に着きました。
今夜のホテルは空港からバスで10分のノボテル ジュネーブ エアポートです ここはフランス領 一泊です。
d0219351_23192557.jpg

早い夕食を機内で済ませて来ましたのでホテルの前のスーパーでチョット夜のおつまみや お土産を・・・
d0219351_23234036.jpg

さぁさぁ お休みしましょ。
朝起きて皆に聞いてみたら2時間ごとに目が覚めて熟睡できなかったとか・・・チョットして皆さん興奮してたのかな??
朝食はバイキング・・まぁ こんなものでしょう~!
d0219351_2326184.jpg

8時半82kバスで移動です。
モンブラン観光の街シャモニ(ここは第1回冬期オリンピック開催地)
エギーユ デュ ミディ展望台 3842mに一気に登りますよ。
空中ケーブルのロープウェイを乗り継いで…お仲間のお一人さん 軽い高山病にかかりロープウェイを降りるなりチョット気分が悪くなり・・・・・心配しましたが 乗り切りました、
d0219351_23301347.jpg

すごい すごい 目の前は 岩肌と 雪に覆われたモンブランのパノラマです。
ここからは 素晴らしいパノラマです もう要らぬ説明は無用ですね。
d0219351_23353567.jpg

わぁ 人が見えますか 下山しています。 見ていて足が震えます。
d0219351_23362569.jpg

d0219351_1338418.jpg

d0219351_2338460.jpg

d0219351_23382652.jpg

なんと氷河が・・少しずつ溶けだしているそうです。
d0219351_1345229.jpg

高所恐怖症のお一人さんは足がすくんで何度立ち止まったことか。。。。
d0219351_23401421.jpg

d0219351_23403565.jpg

d0219351_23411563.jpg

d0219351_23425889.jpg

d0219351_23413440.jpg

d0219351_23421899.jpg

モンブラン(4810m)を満喫してバスで移動です。 テーシュへ 約144kの移動です。
まずホテルで昼食です。
d0219351_1555787.jpg

ホテルから街の風景 消防自動車も見つけました。
街のいたるところに川が流れています 濁流の様にすごい水量です。
水はと言えば乳白色の 硫黄の温泉の様な色です。 訳を聞くと氷河が削られて岩肌の細かい岩石が削られ石灰がまざりこんな水の色になるとか・・・・
そうそう スイスの水道水は日本の様に直接飲料水として飲めるんですよ。
なのにホテルでは水が出て来なくミネラルウォーターとして、お水を飲みたかったら 買わないと。。。なんともビールより高い!てな訳で外での飲み物はビールを沢山頂きました(ハイネケン)
d0219351_13521397.jpg

昼食を済ませてテーシュへ、そして今晩の滞在地 ツェルマット村に 登山鉄道で10分程です。
ホテルはホテルアルペンロイヤルです。
d0219351_1405685.jpg

ホテルや個人の家の窓辺にはどこもゼラニュームのお花がポット仕立てで・・・
美観もさることながら窓に網戸などありませんので虫よけにゼラニュームのお花が使われているようです。
d0219351_1565485.jpg

此処で2連泊ゆっくりできます。
先ずはロビーで大イベントの抽選会が始まりました。なんでしょう~~~~??
ホテルの玄関前からはマッターホルンがガァンとお出迎えです。
わぁ すごいやん!これがお部屋からやと最高やねぇ~~
実はね抽選会はお部屋の割り振りでしたの・・・・30人15組ですから15のお部屋ですよね。
全室がマッターホルンが目の前に見えるお部屋とは限りません 不公平があったら困ると言うことで抽選になりました。さぁ大変です 各パートナーは誰が15個並べているキーを取りに行くかもめていますよ。
わが家は私が・・・怒りっこなしね 私は40号室を 妹夫婦は28号室をオードリー夫婦は25号室をキヨ&カズは12号室を・・みんな心配です 見える所か・・・お部屋に行かないと解りません こればっかりは恨みっこなしね。
部屋に入るなり わぁ 歓声が上がりました なんと良いお部屋でした。皆が見えない部屋だったら 此処に日の出を見に来てもらったら良いよね と話していたら 幕を開ければこんなに素晴らしい所でも お連れから比べれば私たちが一番悪い部屋でした。サットンは ああぁよかった 皆がよかったなら これで充分と胸をなでおろしていましたよ。
d0219351_1483375.jpg

この光景が明日の朝はどの様に変化するのか楽しみです。

皆さん着替えて小ざっぱりして 夕食に街中に出向きます。
ねぇ お部屋どうだった?? 我がグループは皆最高の所だったので 最悪なくじを引いた人に申し訳ないので小さな声と小さなガッツポーズで・・・・・21時半位まで日本の17時位の明るさなんですよ。皆さん何時眠るのかしら??
d0219351_14232956.jpg

夕食はスイスの名物お肉のフォンデュを頂きました。
私はフォンデュと言えばチーズフォンデュしか知りませんが こちらはチーズフォンデュは冬に食べるもの(日本の鍋料理感覚)らしいです そしてこれはパンをつけるだけだとか・・・
お肉のフォンデュはだし汁にお肉をつけて お好みのケチャップや マヨネーズなどで食べますよ。
日本のシャブシャブかしらね??
d0219351_14331934.jpg

夕食を21時前に済ませてブラブラ帰ってもまだ明るい~~~~~
お部屋に帰って 明日のマッターホルンの朝焼けを期待して床に着きました。



明日以降 まだまだ 続きます。
[PR]
by nobkonsky | 2013-07-14 16:44 | スイス | Comments(6)