カテゴリ:台北( 4 )

台北№2

目が覚めると8時でした。
地下1階に降りてバイキングの朝食です ここは手の込んだ体に優しい朝食を食べさせてくれます。
d0219351_10151892.jpg

聞こえてくる話声は日本の方が多いようです。スタッフも皆さん日本語ができ 少しも不自由しません。
1時間の朝食を済ませて約束の11時まで近くの朝市に出かけました。
ここは去年最初に訪れた時も感動した場所です。
 
MRT台北の隣の駅シュアンリェン朝市です。
300mほどの1本道で、見やすく程よい規模の朝市で迷う事はありません。
お天気も良く台湾の朝市の雰囲気を味合うことができました。
鳥や豚がまるごとブラリと軒先に吊るされ、新鮮な魚が山盛りの氷の上に並んでいます。
生鮮食料品屋台と屋台の間に揚げ物やおこわ、ヘルシードリンクなどの店も軒を連ねています。
d0219351_10325423.jpg

d0219351_1035275.jpg

d0219351_1030441.jpg

d0219351_10352058.jpg

11時近くになりました ホテルまで10分ほどです さぁ 帰りましょう。
チエックアウトを済ませて5時まで4人でタクシー貸し切りで行動することにしました。
料金は4000元 日本円で16000円弱です。
今回2番目に行きたかったところは鶯歌陶瓷博物館(我が家のサットン 自称陶芸家??)
だからなんだって!
博物館に行く前に 鶯歌陶瓷老街を散策です。
d0219351_1048276.jpg

d0219351_10485480.jpg

お昼の前に小腹がすいたのでお嫁ちゃんが買ってくれました。
d0219351_10495061.jpg

なんだか石畳 レンガ造り ヨーロッパのようで良い雰囲気です。。
d0219351_1051223.jpg

d0219351_1050126.jpg

d0219351_10515134.jpg

d0219351_10535690.jpg

小物を4点ほど買ってきました。
そして10分ほど歩いて鶯歌陶瓷博物館です。
2016第6屆臺灣國際金壺獎─陶藝設計競賽展が開かれていました。
日本人の稲葉周子さんが銀賞で選ばれていました 関西在住の作家さんです。
 ものすごくうれしくなっちゃいました。
d0219351_1142248.jpg

d0219351_11135439.jpg

私達と一緒に写真に納まっているご婦人は85歳のボランティアの方です。
私たちを見つけてすぐに横について案内してくれました。
 昔日本の教育を受けた方で戦後60年間日本語を話していなかったそうですが昔覚えたことは忘れずに・・と謙遜しておられました。
 私たちも見習わねば というとってもきれいな日本語を話されています。
タクシーが正面玄関まで横づけです これから空港の近くの漁港に連れて行ってもらいます。

竹圍漁港です
d0219351_11242887.jpg

d0219351_11245393.jpg

遅い昼食を摂りました 生きた魚を吟味して調理して貰います。
d0219351_11255264.jpg

逆光で とっても好きな写真ができました。
d0219351_11262530.jpg

竹圍漁港のベストタイムは夕方。
海に夕日が沈み、美しいカーブを描いた彩虹橋に灯りがともっていく様子は、とってもロマンチック。最近は美しい景色とグルメを両方楽しめる隠れ家的スポットとして、有名になってきているそうです。
d0219351_11264580.jpg

d0219351_11292861.jpg

あぁ5時過ぎまでに空港に・・もう帰る時間です 
車からは夕日が沈むところを少し小さいですが・・・・
d0219351_1134985.jpg

今回は短い期間でしたがとっても充実した旅ができました これも息子たち夫婦のアドバイスがあって出来た旅です 
お お き に 感謝です。
今日はタクシーを使ったので18588歩でした。
7時の飛行機で帰ります~~~~~
 我が家到着は12時20分でした 余韻にだっぷりつかり休んだのは2時半でした。

お付き合いありがとうございます。



2016 11 9 ノブコン記








ノブコンのぶらり探訪
(旧ぶらり探訪)
教室便り
花図鑑


にほんブログ村にほんブログ村 料理ブログ 晩ご飯へ
にほんブログ村
にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by nobkonsky | 2016-11-09 19:45 | 台北 | Comments(0)

3度目の台北です

夫婦で台北に行ってきました 息子夫婦に会いに・・・・
去年初めて1月15日から4日間 そして今年1月16日から8人ツアーで 今回は夫婦で11月3日から二泊三日です 今年は2度目になりますよ。
d0219351_195521.jpg

ピーチで出かけました。
d0219351_1964111.jpg

今回は今までに、行っていないところに 花蓮のタロコ渓谷 最高に行きたかったところです
7:50発を予定していましたが、海外は2時間前に入らねばならず、始発電車でも無理・・ゆえに16:00の飛行機で 着いたのは日本時間7時ですが 台北は6時です 空港にはお嫁ちゃんの出迎えです。手続きが済むまで40分もかかりました。
d0219351_199569.jpg

空港バスに乗り台北の予約をしてくれていたお店です リクエストはお鍋でした。
d0219351_1910493.jpg

台北這一鍋鍋です
とてもおいしく皆さんお出かけになったら是非お勧めです。

食事を10時過ぎまでしましたよ ホテルに入ります ホテルは2度目の
d0219351_19165810.jpg

ここは最高です。ブッキング.コムで探してトリップアドバイザー80点以上なのに安い!!

明日は5時半にツワーのお迎えが来ます。4:45モーニングコール 眠い お弁当をもらって出発
ここに行きたかったところ 太魯閣峡谷(タロコ渓谷)です 台湾八景の一つで絶景ポイントです。
電車に乗り バスに乗り ツワーでなくてはいけないと思うんですよ。

d0219351_19241100.jpg

d0219351_1923925.jpg

総勢21名です 日本から カナダから イギリスから 韓国から 中国から 凄いですねぇ!
添乗員さんは 日本語 英語 北京語を流暢に使いこなします 凄いなぁ!
d0219351_19265612.jpg

電車の中です 特急ですよ ここは新幹線は通っていません。3時間の車中です。
電車の中にいるときは大雨でした。傘も持っていないし渓谷ですしこれはえらいことです。
でもね ここで晴れ女の威力を発揮です。
d0219351_1930361.jpg

花蓮の駅に着くとピーカンでした。
ここでバスに乗り込みます
太魯閣国家公園は台湾の国立公園。総面積は9万2000ヘクタール。行政区画上は花蓮県、台中県、南投県に属している。 公園内の太魯閣渓谷は、立霧渓が大理石の岩盤を侵食して形成された大渓谷。奇岩怪石と水の美しさゆえ、台湾の中でも特に人気のある観光地です。
d0219351_19343879.jpg

d0219351_1933540.jpg

d0219351_19364195.jpg

d0219351_1936451.jpg

着きました。
さぁこれから 歩きますよ。
d0219351_19373924.jpg

d0219351_193802.jpg

d0219351_19382589.jpg

d0219351_19384493.jpg

落石防止にヘルメットをかぶっていきますよ。
d0219351_19391079.jpg

d0219351_19395755.jpg

d0219351_19401814.jpg

d0219351_19404310.jpg

d0219351_1941372.jpg

d0219351_19412643.jpg

d0219351_19415165.jpg

d0219351_19421344.jpg

d0219351_1942451.jpg

お腹が空いてきました五つ星ホテルでランチです。
とっても素敵なホテルです。
d0219351_19434725.jpg

食事がすんでバスで太平洋まで出かけます。
地平線が見渡せます。
d0219351_19453063.jpg

海の所で雨がちらついてきました。これから大理石のお店に行きますが 私たち夫婦は興味がありません お土産?買いませんよ!(^_-)-☆
特急で台北まで戻ります ホテルに7:40に送ってもらいました。
お嫁ちゃんがまたまたお迎えです タクシーでお食事処に・・・息子も少し遅れてきましたよ。
d0219351_19485524.jpg

蟹のおこわ最高でした。きっとおいしいものばかり食べているから2キロは増えているかもね。
お腹をこなすために4人で歩いて帰ります。今日の歩数20,873歩 頑張ったね!!
では明日の朝11時にね 私たちはゆっくり休んんで 朝市に明日行くことにしました。
おやすみなさい~~~~


明日続きます、


2016 11 8 ノブコン記









ノブコンのぶらり探訪
(旧ぶらり探訪)
教室便り
花図鑑


にほんブログ村にほんブログ村 料理ブログ 晩ご飯へ
にほんブログ村
にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by nobkonsky | 2016-11-08 20:58 | 台北 | Comments(0)

2016  台湾

1月16日から三泊四日で台南から台中、高雄、台北に行ってきました。
今回の旅行は総勢8名です。私たち夫婦 三番目の妹夫婦 お友達(オードリー)夫婦 
そして二人のお友達です。
d0219351_22345771.jpg

関空で登場までチケットの確認をしているのかな?
12時10分のチャイナエアラインです。
d0219351_22361655.jpg

定刻通り飛び立ちました 時間は3時間です。お昼の機内食は予想よりおいしくてフルーツ、デザート付き 1時間の時差がありますので台南空港には現地時間2時過ぎに着きました。このたび台南空港関空の就航で田舎の空港が一躍国際線になりました。
昔軍の飛行場だったとか小さな飛行場でした。
この就航記念ツワーは総勢18名 そのうち我がチームは8名で、明石の4人のおばちゃん組、奈良から母と娘の親子組2組と滋賀からの姉妹組です。
バスの車窓から~~~ヒマワリが咲いていました。南国!
d0219351_22404377.jpg

そしてこれから赤崁楼(せきかんろう)に行きます。
d0219351_2244077.jpg

d0219351_22443213.jpg

d0219351_2244477.jpg

1652年にオランダ人の手によって建造されたもので、1983年、国家一級古跡に指定され、台南を代表する名所古跡となりました。・・このような話をガイドさんに聞いていると 小学生低学年と思われるお嬢ちゃんとお母さんが日本語の私たちのガイドの話を最後尾で聞いていました 日本語わかるの?と声を掛けたらこちらに住んでいる日本の親子さんでした お父さんのお仕事の関係で来ているのでしょうね。
これからこの旅行で一番の行きたかったところです。
関子嶺温泉に行きます
d0219351_23181885.jpg

夕食はお風呂に入る前に済ませました
養生料理です。スイカは今年のお初です。年中取れるそうです おいしいね。
d0219351_23264956.jpg

露天風呂は水着着用で混浴です みんなでワイワイ 
台湾四大温泉の一つ唯一の泥温泉、入った後はお肌スベスベです。
朝目覚めると・・雨でした あぁぁ晴れ女軍団が来ているのに 今回は今のところ負けです"(-""-)"
d0219351_23315127.jpg

雲の動きに一抹の希望をもって 朝食をすませてバスに乗り込みます。
今日は高雄観光です 建物の中に入っているときには雨ですが 外に出るとやんでいる これも晴れ女の威力かな(笑)
d0219351_23344518.jpg

d0219351_2335551.jpg

d0219351_23352478.png

d0219351_23354218.jpg

竜の口から入り 虎の口から出ますよ。台湾第二の都市 高雄の人気スポット龍虎塔です
d0219351_23355981.jpg

これから日月潭(にちげつたん)です。(写真はお借りしました)
d0219351_15253295.jpg

お天気が良いとこんなにきれいな湖なんですって! この時はすごい雨でバスから降りずに
通過するだけでした 車窓から見える湖も靄で何も見えません 想像するのみです。
台湾で最も大きな湖で 湖の北側が太陽の形、南側が月の形をしていることからこう呼ばれているんですって!
ここを通過すると雨も上がりました 文武廟に向かいます。

おおおぉ この石段を上がるんですね どなたか見ただけで いやややぁ~なんて声が聞こえてきます。 上のほうで学生さんがロッククライミングの練習をしていました。 私たちを見ると 大きな声でこんにちは と挨拶をしてくれましたよ。 こんにちは! 何してるんですか?と話しかけると先生が登山の練習ですと・・・教えてくれました。
d0219351_16202263.jpg

d0219351_16211069.jpg

石段を上がりきり後ろを振り向くと高雄の市内と港が靄にかすんで幻想的です
d0219351_15413640.jpg

d0219351_1542274.jpg

d0219351_15394560.jpg

d0219351_15442310.jpg

観光後紹興酒工場も見学しました。ここは私的にはスルーで写真も撮らずです。
夜は台中市夜市です。雨も止んでいますよ いいね!
去年台北の夜市にも行ったけれども私的には台北のほうがおもしろいかな??
d0219351_165287.jpg

d0219351_1655925.jpg



夕食はホテルでいただきました 郷土料理です。
d0219351_16121437.jpg


お食事を採って各自お部屋に お休みなさい!

明日に続きます 

More 続きます(ここクリックしてね)
[PR]
by nobkonsky | 2016-02-01 20:45 | 台北 | Comments(0)

台湾台北4日間の旅

2月に入ってしまいました 1月15日から18日まで3泊4日で台北に行っていました。
息子が勤めの関係で去年から台北勤務になっています。
住まいの偵察方がたの台北の旅です。サットンは40年振り 私は初めて台北です。

ワクワク台北 珍道中始まり 始まり~~~
関空から12時30分のジェツトスターで3時間飛びます ちょっとねぇ 格安だから仕方ない事ですが 
出発から50分も遅れています(-_-)/~~~ピシー!ピシー!
時差は1時間ありますので送れながらでも現地時間で3時半に着きました でも実質飛行機に乗っているのは4時間ですよ。
d0219351_9303368.jpg

立派な空港なのでビックリです 税関の前は凄い人です 少ない所に並んでいると日本人はアチラと言われました。ここは台湾の人の所だったようで・・・回された所は長蛇の列 1時間位裕にかかりそうです。係り員は小出しに窓口を増やします 目ざといサットンは列を離れて新しい窓口の方に、私もそれを察知してついて行きます。
そんな事が3回位繰り返されて、それでも小一時間位掛かったでしょうか ロビーではお嫁ちゃんが待って居てくれますが 列に並びながらLINEで連絡です。
やっと手続きもすみ3ヶ月振りのご対面です。とっても元気そうです 良かったよかった\(^o^)/
空港バスに乗って40分程で マンションに・・・・
d0219351_943886.jpg

d0219351_9432575.jpg

都会のど真ん中 町並みはとっても綺麗です 街路樹も素敵です 大阪で例えると 御堂筋…負けてませんよ。違いはオートバイが駐車されているのが多いだけでしょうか。
どんな所かとワクワクしながら心配が先に走っていましたが とっても綺麗なマンションでした。
大きなスーツケース一杯のお土産を出して 歩いて3分ほどの私達のホテルに3人で・・・
d0219351_9502023.jpg

此処から4日間の毎日が繰り広がります。
5時半頃だったでしょうか!6時半にタイペイ101の88階のレストランでディナーを予約してくれているそうで 地下鉄を乗って街中を散策です。
d0219351_955457.jpg

d0219351_956269.jpg

少し暗闇の中に黄色の自転車が整然と並んでいます これは自転車をシェア―しているそうです
登録していると誰でも利用できるとか 日常のお買い物も利用しているとか!
大阪でもこんな制度が出来たら良いのにな!
d0219351_9562477.jpg

目の前に101の建物が見えて来ました 凄い 少し前まではこの建物が世界一だったとか・・・
高さ509.2mで、地上101階、地下5階とか・・ドバイに負けちゃったんだよね(@_@;)
d0219351_9595433.jpg

d0219351_1031581.jpg

d0219351_1051957.jpg

88階の窓際の席をチャージしてくれていました 素晴らしい眺めです
d0219351_1018552.jpg

d0219351_10191684.jpg

d0219351_1019561.jpg

d0219351_1020236.jpg

美味しいお料理と88階からの夜景を堪能しました。
明日はオプショナルツアーを取っています。二人で回ります。
d0219351_10253023.jpg

おはようございます このバスで今日は一日~行って来ますね。
お嫁ちゃんが8時にホテルに迎えに来てくれましたよ。
人気ツアーのセットです台北市内観光 故宮博物院 欲張り観光 ナイト九份 夜市観光です。
先ずは行天宮です。
最近はお供え物は山門の前で売る事は禁止?の様に言っていたように記憶していますが未だ山門の前にはお供えを売って居ました。
d0219351_1139266.jpg

そしてここは行天宮は商売の神様だとか、この赤い木片はおみくじを引いて良いかを神様に尋ねる為のものだそうです。

d0219351_11492442.jpg

三回まで木札を投げれる様ですよ 
d0219351_1131096.jpg

d0219351_11311833.jpg

d0219351_11314128.jpg

 
さてお次は中正記念堂です。
蒋介石総統が中華民国六十四年(一九七五年)四月五日に逝去したとの知らせは国民に大きな悲しみをもたらしました。その年の六月、行政院(日本の内閣に相当)は各界からの提案と執行会議の決議により、全国民の哀悼の意を表す中正記念堂を台北市内に建設することが決定されました。
↑引用させていただきました。
d0219351_14285366.jpg

d0219351_14294356.jpg

こんな所も・・・
d0219351_14303246.jpg

d0219351_1431168.jpg

d0219351_14313435.jpg

そしておまけが有りました。
知らないと言う事は強いですねえ~~~
これまで 夫婦二人での写真がないのでシャッターを切ってもらおうと思い記念堂の階段を降りた所で10人位の一団体らしきたむろってる人の中にかっこいいお兄様にお願しました。 するとそのお兄さんは僕と写すの?と言います ノウノオなんで貴方と写すの?マイハズバンドですがな!お兄さんは周りの人に許可をもらっていますokが出ました なんやねん たいそうな!背後から大きなカメラを持ったカメラマンが
お兄さんが私達を撮っている姿をなめるように写しているではありませんか!なんじゃ これはただ事ではない!写し終るや  
Are you a movie star?と聞きました Yes だって!ビックリでやわぁ!
I'm sorry, please take a picture with me. と慌てて腕を組んで撮ってもらったのがこの写真です。
因みに撮ってもらったのが・・・・(へたくそ(-_-)/~~~ピシー!ピシー!)
d0219351_14531756.jpg

遠巻きに見ていたのはファンだったのか・・知らないって 強いですよね!
帰って息子達に話したら 名前聞いた?と言われましいたが まるで聞くのを忘れていました。
どなたか ご存じないですか?アイドルですよねきっと!今頃はこのアイドルと私達は雑誌になんか載っているかもですよぉ(笑)お見かけしたらお知らせ下さいませ(^_-)-☆
d0219351_1432620.jpg

ああ楽しかった バスに乗り込みます バスの車窓から
d0219351_157286.jpg

総統府(旧台湾総統府)です。
台湾総督府(たいわん そうとくふ、旧字体:臺灣總督府)は、日清戦争の結果清国から割譲された台湾を統治するために設置された日本の出先官庁。
台北市に設置された台湾総督府本庁舎は、今日でも中華民国の総統府として使用されている。
↑引用しました。
因みに設計者は長野 宇平治(ながの うへいじ)日本銀行の本支店を手掛けた方だそうです。
そして13時の衛兵の交代式に間にあうように・・・
d0219351_15475730.jpg

d0219351_15482438.jpg

忠烈祠は、衛兵交代のセレモニーで有名である。陸・海・空軍より選抜された兵士が、1時間交代で大門と大殿を各2人ずつで守っている。任務に就くと1時間微動だにせず、衛兵交代は1時間毎に行われる。
1時間ごとに引率の兵士1人を含む5人(任務に就いていた兵士とこれから就く兵士で隊列を組んだ儀杖兵が、大門から大殿に向かって銃を背中に背負ってゆっくりと行進を開始する 衛兵2名と合流して、殿内の位牌に向かい敬礼をする。その後、銃を交換、またそれを振り回す儀式を行い、次に任務に就く2名を残して、5名で大門に戻って行く。そして、大門に行くと大門守護の任務に就く2人が門の前に行き台の上で任務に就く。セレモニーの所要時間は約20分間。
身長175cm~- 195cm、体重65kg±1kgが条件で、その上に厳しい訓練が課せられ、それを成し得た者
のみがなれるそうです。
↑引用しました。
d0219351_15582524.jpg

そして必ず見たかった所です
国立故宮博物院です ここは一切写真は禁止です。
国立故宮博物院は、中華民国の台北市にある博物館です。この博物館は、中華民国の国立博物館のうちの1つであり、最大のもので、696,000個以上の古代の中国の人工品および美術品を所蔵しています。ほとんどの収集物は中国の古代の皇帝によって集められた高品質なもので北京の紫禁城から蒋介石が持ち出したものとガイドの方が!!
d0219351_1615479.jpg

写真もお借りしました
d0219351_167186.jpg

d0219351_1692436.jpg

勿論 翠玉白菜 肉形石をめがけ急ぎ足で回りました 残念ながら象牙玉は見る事が出来ませんでした。
1時間の時間では見る事が出来ませんよね。なにせ広い 広い でも本日は運が良く割と空いておりました。
これからナイトツワーです。
九份です
九份は昔、辺境の地で九家族しか住んでいなかったのが九份(台湾語で九人前の意味)の名前の由来で、日本の統治が始まってから金鉱・銀鉱・銅鉱が発見され鉱山都市として脚光を浴び発展した。日本の敗戦後、鉱脈も尽き急激に九份は衰退したが、侯孝賢監督の「非情城市」によって観光地として甦った。

日本統治時代この山里の辺鄙な場所に、鉱山開発されると同時に日本人向けの尋常小学校、神社仏閣も出来た。一体そこはどんなところなのか?残念ながら未だ映画は見ていないが、そんな九份に行く事になった。宮崎 駿(みやざき はやお)のアニメ映画「千と千尋の神隠し」の『お湯屋周辺の食堂街は、台湾の台北近郊の町九份がモデルになっており』宮崎駿が九份を訪れ、街並みをスケッチしている。
引用しました
d0219351_16261923.jpg

ここは千と千尋の神隠しのモデルに名った村で知られています。
今茶芸館に変身した 阿妹茶楼(あめおちゃ)です。
d0219351_16305843.jpg

d0219351_16301313.jpg

d0219351_16354595.jpg

細い石段が140段有ります 人が多くて将棋倒しになりそうです。
d0219351_16375356.jpg

d0219351_16464588.jpg

九份で一番古い建物で今はお茶さんになっています 手作りの茶器も素晴らしかったですよ。
この階段の名前は 堅崎路(スーチールー)と言うんですって。この階段の先に 九份小学校が有るんですって!
バスの集合時間に間にあわない方が2人いらっしゃいました 先にバスまで私達は行きましたが 滑り込みセーフで間にあったようです この迷路だったら迷子になるよね。


続きます

More続きますこちらをクリックしてね、
[PR]
by nobkonsky | 2015-02-03 21:10 | 台北 | Comments(4)