「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:ちょっとお泊まりで( 15 )

出雲へ

お正月7~8日一泊二日で皆生温泉に行って来ました。
去年湯村温泉に湯快リゾートで行ったように今回も味をしめて湯快リゾートを使いました 第2弾です
今回は新大阪8時集合8時15分の出発です。 
 バスは47名満席でした。皆さんお安い旅行を上手に利用しています。
お昼は蒜山高原で…あたりは雪が積もっていました 暮れから降った雪らしいですよ。
ここで昼食です。
蒜山高原で昼食にジンギスカンとBー1グランプリの焼きそばを頂きました。
d0219351_20471783.jpg

遥かかなた大山が見えています。
d0219351_20533482.jpg

d0219351_213618100.jpg

お昼を食べてからまたバスに乗り込みます。
2時前にお宿に着きました。皆生彩朝楽 まずはお部屋へ 7F最上階のオーシャンビューで良好良好!! 山陰三湯として玉造 三朝 皆生として知られています。海中から湧き出し65度~80度の熱湯です     夕食6時まで米子市内のまち歩きです。
d0219351_20562954.jpg

旧加茂川のほとりから(もとは米子城の外堀です)
d0219351_20564731.jpg

川にやさしい影を映す白壁の土蔵、川辺の桜並木、豪商の屋敷
d0219351_2057133.jpg

かっぱの生まれた川の伝説があり、水木しげるのかっぱ像が楽しい
d0219351_205735100.jpg

中海まで歩きました。
d0219351_20582259.jpg

夕日の像です
d0219351_20592062.jpg

米子城址登山口から上がります。
素晴らしい富士山のようですね 伯耆富士と言いますものね 山好きの私達には最高の贈り物です。
翌8日ホテルの地方紙日本海新聞にこのアングルの写真が出ていました 久しぶりの素晴らしい姿だとか!
最高の時に恵まれたんです。
d0219351_2101313.jpg

5時過にお宿に帰りゆっくりして温泉に
お風呂から直接お食事どころに

蟹の食べ放題と言うのをチョイスして~~~
d0219351_2134080.jpg

明日は待望の出雲です。
予報では雨になりそうです 晴れ女の威力を信じて・・・・
目覚めると曇り空 ホテルの傘をお借りして・・・・
d0219351_2191070.jpg

出雲大社は4の数字に縁があり 〆縄が4,4屯 鳥居の数が4本 コンクリート 木 鉄 銅をくぐって
d0219351_2193154.jpg

最後に参拝の時4拍手をします。縁結びの神様ですものね!良い縁をお願いしてきました。
d0219351_2110059.jpg

松の並木道 真ん中は神様の通り道 私達は両端を歩きます 真ん中は恐れ多くて歩けません。
d0219351_21102245.jpg

大国主大神(おおくにぬしのおおかみ)一般には大黒様と白うさぎが
d0219351_21105150.jpg

d0219351_21111013.jpg

d0219351_21113099.jpg

d0219351_21115164.jpg

最後におみくじを買って・・・

念願の出雲大社にお参り出来ました。
纏めるのが遅くになりあまり細かく書けませんでしたが・・・
おつき合い有り難うございました。

ノブコン 記
[PR]
by nobkonsky | 2014-01-20 21:41 | ちょっとお泊まりで | Comments(6)

伊勢神宮~なばなの里

年の瀬も押し迫った28日29日にバス旅行旅物語でお友達のご夫婦と一緒に出かけました。
今年は第62回式年遷宮で今回行っておかないと63回は元気に歩けるか心配ですものね 今年は行きたかった所だったんです。
社殿を造り替える20年に一度の大祭です。正殿(しょうでん)を始め 御垣内(みかきうち)のお建物全てを建て替えし、さらに殿内の 御装束(おんしょうぞく)や神宝を新調して、御神体を新宮へ遷(うつ)します。
↑検索で
d0219351_15542739.jpg

d0219351_1642228.jpg

写真はこの石段まで です。
d0219351_15545032.jpg

d0219351_1644030.jpg

神宮を後にしておはらい町通りからおかげ横丁に
d0219351_1661063.jpg

伊勢うどん美味しかったぁ!
バスに乗りもう一つのお目あては、なばなの里のイルミネーションです。
点灯は5時5分それまでベゴニアの温室に 圧巻 見事です。
d0219351_16292728.jpg

d0219351_16295425.jpg

d0219351_16302240.jpg

d0219351_16305494.jpg

あたりは暗くなりました 皆さんソワソワしてきましたよ。まずは45メートル上空から全体を見下ろせるマウント富士に乗り(ガラスで写真が撮れず) そして光のトンネルへ!
d0219351_1632345.jpg

d0219351_1632241.jpg

d0219351_16324330.jpg

d0219351_163385.jpg

d0219351_16332569.jpg

今年のメインテーマは富士です 世界遺産になりましたものね。
d0219351_16335184.jpg

d0219351_16352654.jpg

富士のイルミの素晴らしい事 七色に変化したり ダイヤモンド富士もあって\(^o^)/
次は紅葉のドームです
d0219351_16374462.jpg

もう言葉になりませんね ここのイルミはこんなに素晴らしいのにランキング3位なんですって!
当初は100万球からスタートして徐々に増えて今年はなんと800万球ですって。

おお寒いちらちらと白いものが落ちて来ました
明日の朝には白銀の世界かな??これより今夜のお宿 長浜ロイヤルホテルへ
ホテルですが太閤温泉の大浴場が嬉しいなぁ
朝、目を覚ますと見て下さいこの景色!
d0219351_16392862.jpg

長浜の町並みを散策して
伊勢神宮に祭られる天照大御神(アマテラスオオミカミ)の親神にあたる多賀大社へ  
d0219351_1639431.jpg

d0219351_1640381.jpg

d0219351_16404088.jpg

近江八幡まで来ると雪もなく たねや本家でお菓子製造の見学とお土産を調達
八幡堀の遊歩道を鬼平犯科帳の平蔵の気分で歩きました。
d0219351_1641363.jpg

d0219351_16413666.jpg

d0219351_1642375.jpg

d0219351_16422777.jpg


買わないと損の様にね デパートで何時も買っているのにまた特別なんですよね。
殿方に笑われてしまいました。
年末の忙しさを忘れて楽しい旅ができました。

おつき合い有り難うございました。

 2013 12 31 ノブコン記
[PR]
by nobkonsky | 2013-12-31 19:32 | ちょっとお泊まりで | Comments(0)

夢千代の里湯村温泉

7~8日にかけて湯快リゾートを使って湯村温泉に行ってきました。
湯快リゾート。。。最近良く聞くフレーズです。
若者が利用するのだとばかり思っていました。
初めて 湯快リゾートなるものを使って出掛けて来ました。鳥取から湯村温泉に!
新大阪からバスが出ます バス代往復3000円 ホテル代7800円(夕食 朝食付き)わが家の旅行大臣(サットン)が計画を立て急遽行って来ました。まぁなんとも 豪華番で宜しゅうございましたよ。
年金生活者の身分の我が家 これ病みつきになりそうです お勧めです。行ってみるとコマーシャルのように若者ばかりかな?と思っていますと なんのなんの 私達の年代夫婦 中年の女友達 家族ずれで超満員でした。一年365日このお値段で行けるっていいですよね。
d0219351_21392998.jpg

8時に新大阪からバスが出ます。 専用のバスは空いていました。総勢16人ほどで2人の席を1人で広くゆったりと、まるでビジネス席です。
昼食は途中鳥取砂丘で80分の休憩です そこで各自昼食を摂り砂丘まで出掛けました。
d0219351_2140831.jpg

目に見えぬ砂丘のかなたを想像しながら 足を取られ四つん這いになって登ります。
d0219351_21411381.jpg

そうなんです この日本海が見たさに 息を切らして登って来たのです。
d0219351_2142338.jpg

湯村温泉の2時過ぎに着きました。立派な老舗のホテルで三好屋がリニーゥアル チェックインを済ませて夕食まで街中を散策です。なんとも落ち着いた雰囲気の温泉街で癒されます。
d0219351_21445462.jpg

d0219351_21472330.jpg

覗いてみると おやおや 卵です 温泉卵ですね、
d0219351_2149221.jpg

チョット行くと夢千代さんの銅像~~~
d0219351_21503524.jpg

河原では皆さん足湯をしています。
d0219351_21521924.jpg

雨を心配しましたが 晴れ女の 面目が保てたようで・・・
一晩じゅうすごい雨のようでしたが 朝方は小雨になり 今回行きたかった余部に行くことにしました。
帰りのバスは2時半ホテルの前から出ます それまでに帰ってこれるよう急がなくては・・・
バスに乗り 浜坂まで・・・それから豊岡行きの電車に乗り目的地の余部まで20分程です。

旧余部鉄橋は、明治45年に建設された東洋随一の鋼トレッスル橋で、我が国有数の橋梁として、当地域だけでなく、多方面から多くの人々が訪れる観光名所として親しまれてきました。しかし、昭和61年の列車転落事故を契機に、架け替えに向けた取り組みがされ、平成22年8月に現在の余部橋梁が完成しました引用させてもらいました。
d0219351_21592914.jpg

d0219351_220325.jpg

d0219351_2213821.jpg

d0219351_223369.jpg

d0219351_2243577.jpg

d0219351_2253234.jpg

d0219351_2263714.jpg

d0219351_2275325.jpg

d0219351_229322.jpg

d0219351_221291.jpg

 
念願の余部の鉄橋を見ることが出来ました。雨を心配しながら来ましたが
晴れ間も見えて最高の湯快リゾートでの小旅行が出来ました。

写真ばかりですが おつき合いありがとうございました。
 ノブコン 記
[PR]
by nobkonsky | 2013-09-16 07:41 | ちょっとお泊まりで | Comments(2)

呉 広島 宮島の旅 二日目

夕べは広島焼きを「はっこう」まで食べに行きました。
実は親戚のユキヨちゃんが2年前まで某国営放送の広島勤務でしたので 広島に行くのでお勧めの広島焼き屋さんを教えてね とお勧めのお店を聞いていましたが生憎定休日でして・・・雑誌でクチコミの良いはっこうで食べたんです。
少しホテルから遠かったんですが・・・・・生ビールを飲んで食べて ブラブラとっても良い気分で歩いて帰り
どっと疲れが出て 早く 休みました。
朝は 朝食をゆっくり食べて朝ドラあまちゃんを見てから今日の予定をこなします。
広島の町は路面電車が市民の足なんですね 縦横無尽に走っています。
町は企画されてとっても綺麗な大きな町で 40年前とは違いすぎる…当たり前ですよね 我が町でも変わりようといったら凄いですもの!
d0219351_20564665.jpg

路面電車に乗って1時間ほどで宮島口に着きました。
d0219351_210659.gif

まずは評判の駅前の 「うえの」でアナゴ弁当を二つ買います。
d0219351_210048.jpg

フェリーに乗って 15分ほどの船の上です。
d0219351_2115411.jpg

ほら鳥居が見えて来ましたよ。
d0219351_215573.jpg

船を降りて表参道を歩きます。焼牡蠣と揚げ紅葉まんじゅうを歩きながら食べたりして~~~美味しいなぁ!
d0219351_21103598.jpg

海に浮かんだ大鳥居が見えて来ました 満潮が始まっているようです。
d0219351_2185591.jpg

楽しみです 40年前に来た時には干潮で水が無かったんですよ。
だから今度来る時には絶対に満潮時と決めていました。
こちらはこれから潮が満ちて来るんですよね。
厳島神社の参拝です。
d0219351_21205393.jpg

さぁこの回廊を通って行きますよぉ~~~
d0219351_21231274.jpg

d0219351_21232728.jpg

d0219351_21234949.jpg

d0219351_21241159.jpg

d0219351_21244391.jpg

d0219351_21291788.jpg

堪能です やはり宮島は満潮でないとね。
これから宮島ロープウエーに乗って世界遺産 弥山(みせん)ハイキングです。
d0219351_2136129.jpg

絶景が楽しめるパワースポットです。
d0219351_21363543.jpg

d0219351_2137590.jpg

霊火堂です 弘法大師が修行に使った火が今もなお1200年燃えつづけています。
d0219351_21373451.jpg

山頂の手前に現れた巨大の岩です 自然が作りだした弥山の大鳥居ですね。
d0219351_21414377.jpg

この階段を登ると山頂です。
d0219351_21435116.jpg

d0219351_21444996.jpg

皇太子殿下もお出でになっているんですね
d0219351_21451529.jpg

さぁ おまたせのアナゴ弁当です 美味しかったぁ
d0219351_22131135.jpg

d0219351_21464351.jpg

こんな可愛いお花やお地蔵様・・いいね~~~
d0219351_21473220.jpg

お天気もよく最高\(^o^)/
さぁ又ロープウエーまで30分下山です。
d0219351_21501883.jpg

町屋通りを少し行くと 小さなオシャレなカフェでお茶をしましたよ。
d0219351_21522100.jpg

ゆっくりマスターとお話をして、3時過ぎに出発です 4時半の新幹線に間にあうように!
スムースに待つことなく広島駅に着いたのは4時前でした。
チョットお土産を買ったりして 待時間をつぶし・・・・
d0219351_21541044.jpg

我が家には8時前に無事着きました。
念願かなってお天気を心配しましたが 晴天に恵まれ最高の旅となりました。


 おつき合い有り難うございました。    ノブコン記
[PR]
by nobkonsky | 2013-05-05 22:14 | ちょっとお泊まりで | Comments(3)

呉 広島 宮島の旅 一日目

連休の谷間に40年振りで広島に行って来ました。
40年前は新婚の時に・・三菱ランサーを買ったばかりで 車で行きたくて行ったけ!
今回は新幹線で それもお得な切符で(こだま往復指定割引切符)・・・広島まで2時間半もかかる各駅停車で~~す。
6時59分のこだまで広島まで 広島着9時32分でした。
雨の予報でしたが広島に着いたら上がっていましたよ。
私って晴れ女\(^o^)/
まずは呉に 呉は海軍と造船の町です。40年前には行っていません 初めてでした。
d0219351_21492535.jpg

てつの鯨館 で国内初潜水艦の陸上展示となるらしいです
退役潜水艦「あきしお」です 18年間お勤めした潜水艦の中まで見学させてくれました。
総て本物です 男子って何て好きなんですね、サットンが進められて操縦席に・・・私には考えられない。
d0219351_21495299.jpg

大和ミュージアムです。戦艦大和の十分の一のスケールで再現されています。
d0219351_21535024.jpg

d0219351_2221329.jpg

そしてゼロ戦、日本にコレ1機のみ、本物のゼロ戦が間近に。スゴイスゴイ!! お話を聞いたり実物を見ると自然に涙がとまりません。
もう戦争は嫌です。
d0219351_223911.jpg

さぁこれからお昼です 呉駅前で B級グルメの冷麺を~~~
d0219351_2005971.jpg

お腹も満たしてさぁ出発です。
d0219351_2034298.jpg

駅前からバスで清盛ゆかりの音戸へ、懐かしい昭和が残るウラ通り、音戸旧道をブラブラ!!         このポスト今も現役です。
d0219351_2041711.jpg

レトロな門構えのお風呂屋さん
d0219351_2063644.jpg

音戸の瀬戸の名所 音戸大橋
d0219351_2072985.jpg

音戸大橋を渡らずに小粋に渡船で対岸に 日本一短い渡し船です 渡船料70円ですよぉ。
d0219351_2011353.jpg

またバスに乗り呉駅まで戻ります 広島まで逆戻り こんな可愛くペイントされた電車に乗って。
d0219351_20132634.jpg

原爆ドームです 原爆の惨禍を伝える世界遺産かつ平和の象徴ですね。
d0219351_20154367.jpg

d0219351_2016634.jpg

d0219351_20162834.jpg

d0219351_20165389.jpg

平和の灯 核兵器がなくなる日まで燃え続けます。
d0219351_2022524.jpg

原爆の子の像 年間一千万羽の祈り鶴が世界中から・・・・
d0219351_20254570.jpg

d0219351_2023017.jpg

d0219351_20261521.jpg

d0219351_2026441.jpg

d0219351_20271499.jpg

さぁホテルにチェックイン。ANAクラウンプラザホテル広島です。立地機能性共に文句なし、これが平日でお安いときてる。ラッキー!!
d0219351_20274911.jpg

夕食は広島のお好み焼きです。雑誌で見つけた人気店で肉玉やきにネギトッピング
d0219351_20294474.jpg

美味しゅうございました。ビールが最高!!

朝早くから飛びまわりました。 明日は 宮島ですよぉ~~


明日に続きます。
[PR]
by nobkonsky | 2013-05-03 21:30 | ちょっとお泊まりで | Comments(6)

ピーチで尋ねる鹿児島周遊の旅 №2

d0219351_14282552.jpg

お昼のラーメンも食べました。
d0219351_1952677.jpg

さぁこれから目の前に見える桜島港からフェリーに乗って桜島に乗り込みます。
乗船代金はお安いんです 大人150円でした 車は1000円位だったかな??
15分間隔 で運行されています。 ピストン運行・・・・
もたもたしていたら着いてしまいます 車から 降りて急いで甲板に・・・素晴らしいロケーションです。
d0219351_14393287.jpg

そうこうしているうちに 着いちゃった!
d0219351_14432079.jpg

運賃支払い方法でビックリです。普通先にチケットを買いますよねぇ それが買わずに誘導にしたがっってフェリーに買ってないよ どこで買うの?? 着きました 何処で支払うの??
到着先の桜島の料金所ゲートまで進んで行くと高速料金所の様なっ所で纏まって支払です おのずからそのゲートを通らないと進めなくなっているので無賃乗船は無いですよね そしてスムースです。

ビックリ! 無知と言うのか ビックリしました 桜島に人が住んでいる。。毎日のように噴煙をあげている桜島に…約、約5000人の人が、火山と共生して生活しています。果樹栽培等に適した扇状地があり、みかんやびわ等の農業が盛んだとか(火山灰から守る為にすべてに紙袋をかぶしています)
d0219351_15124491.jpg

d0219351_1513576.jpg

d0219351_15135094.jpg

大正3年の桜島噴火で3mの原五社神社(腹五社神社)の鳥居が埋没
大正大噴火の前兆は、3日前から始まっていましたんですって。
d0219351_15141179.jpg

大正3年の爆発により溶岩が流出し、大隅半島と陸続きになりました
d0219351_15225178.jpg

桜島港から大隅半島が陸続きになり桜島のドライブを楽しみました。
途中道の駅によってチョットお土産の調達です。
d0219351_15293688.jpg

チョット時間が押して18時15分に霧島温泉郷の霧島ホテルに到着です。
このホテルは慶応二年寺田屋事件で負傷した龍馬は妻おりょうと温泉療養と新婚旅行を兼ねてこの地を訪れています。
d0219351_2055147.jpg

18時半過ぎにとっても楽しみにしている大イベントが・・・・・・
FB(フェイスブック)で仲よくしているお友達がホテルまで尋ねてくれるんですよ(^o^)/
まさかお会い出来るなんて考えてもいなかったことが実現するんです。
ロビーを見渡してもそれらしき方はいらっしゃらない…フロントにお出でになったら連絡を頂くように部屋に・・・
荷物を降ろしたらフロントから連絡が・・ドキドキして~~~~~わぁ 康子さんだ!康子さ~~ん
d0219351_15384719.jpg

短時間のお話でしたが 思っていた通りの素敵な方・・お忙しいのにわざわざお出で頂き感謝です。
ご主人様にも御世話様になりました そして沢山の お土産を頂き 有り難うございました。
関西方面に起こしの時にはご連絡をお待ちしておりますね。

私が康子さんと話し込んでいる時には皆は、温泉に入っていたようで待ち合わせはお食事何処で。。。。
d0219351_2062415.jpg

これも素晴らしいおもてなしと、美味しい御料理でした。
沢山ある 温泉に入り 何もかも堪能です。
d0219351_2014066.jpg

朝食を済ませて竜馬さんと記念撮影でホテルを9時出発です。
 ホテルを出てしばらくすると 滝がありました(滝の名前・・・・わかりません(ー_ー)!!
d0219351_20162119.jpg

9時15分に霧島神宮です ここはパワースポット、パワーを頂きましょう~~~
d0219351_2022544.jpg

朝の早い時間なのに境内は沢山の参拝の人達が 観光バスでパワーをもらいに来ているんでしょうか(*^^)v
d0219351_20232117.jpg

1時50分のピーチに乗るのでチェックインが1分でも遅れると乗せてもらえなくなります。
早めに飛行場に着いてお昼は空港でゆっくりと・・と相談が纏まりまして・・・・
えびの高原(宮崎県)からえびのスカイラインを通り
不動池 硫黄山 韓国岳(カラクニダケ)を寒さに震えてチョコっと車から降りての写真です。
なんだかこの辺はすごぉく駆け足状態です。あまり写真もありません。
d0219351_20312170.jpg

d0219351_20314541.jpg


空港に11時半に着きました レンタカーの返却もありますので。
チェックインを無事12時45分に済ませて後は飛行機に乗るのみ・・・でもでもお決まりの遅れの放送です。
30分遅れで 大阪に~~~
d0219351_20525938.jpg

無事関空に14時45分着です。ピーチを使っての旅は2回目となりました。
格安で手軽に出かけられる旅も良いものです。出かける時には大雨でしたが鹿児島に着くと雨も上がり
最高のお天気に恵まれて 良い旅が出来ました 大阪では雪が降っていたようですよ。


おつき合い有り難うございました。
 3月7日 ノブコン記 
[PR]
by nobkonsky | 2013-03-07 21:24 | ちょっとお泊まりで | Comments(6)

ピーチで尋ねる鹿児島周遊の旅 №1

2月15日妹夫婦と鹿児島に~~~
義弟は鹿児島出身です。 ピーチの格安チケットが取れたので行きますか?と声掛けすると 即 行きま~~すとの返事をもらいました。これは4人で楽しい旅が出来るぞぉ!
大まかな予定はサットンが立てましたが 細かい所は義弟にお任せです。
関空12時5分の出発予定は12時25分もう最初から20分遅れです 大阪は大雨です 晴れ女の威力は発揮できるのでしょうか少し心配です。
13時45分に鹿児島空港に無事着陸です 雨は上がっています 午前中は大雨だったらしいですが あぁぁよかった!これから晴れ間が出てくるのでっしょうね。
駅前で予約を入れていたレンタカーに…運転は義弟 助手席にはサットン 後ろには私達姉妹です。
さぁこのメンバーで2泊3日の初めての鹿児島の旅です 安全運転で前のお二人さん 頼みますよ!

まずは一面の菜の花畑を前に池田湖 開聞岳です。
開聞岳(かいもんだけ)は、鹿児島県の薩摩半島の南端に位置する標高924mの火山。
1964年(昭和39年)3月16日に、霧島屋久国立公園に指定され、新日本百名山及び九州百名山に選定されているとの事です。姿、形、から薩摩富士の名があります。
d0219351_14212054.jpg

池田湖は、約6400年前の火山活動によってできた周囲15km、水深233mの九州最大の湖です。
幻の怪獣「イッシー」の湖としても有名だとか・・・・
d0219351_14213370.jpg

ここからサットンが一番行きたかったところ・・・JR日本最南端の駅西大山駅です。
d0219351_14413859.jpg

d0219351_14325749.jpg

ここからも開聞岳が見事です。
d0219351_1433117.jpg

電車が来たら最高なのにねぇ~と話をしていたら・・・・来ました\(^o^)/
d0219351_14343148.jpg

何処からともなく 観光バスが…電車の時刻に合わせてバスが着いたんです。
観光バスの人は中国の旅行者・・・・・おおぉお賑やかなこと!
d0219351_14354456.jpg

d0219351_14381554.jpg

幸せを届ける黄色いポスト・・・・
d0219351_14484767.jpg

予定していた長崎鼻に車を走らせましたが・・・・・シーズンオフでお店もしまっており 風が強く あたりはうす暗く 海風で寒くて 女性陣の「もうええやん!」の一言でパスです。もう少し時間が早ければ素晴らしいロケーションに出会うことが出来たのに。。と悔やまれます(ー_ー)!!
d0219351_1563661.jpg

最初のお宿は指宿温泉休暇村指宿です。
郷土懐石を頼みました。黒豚の陶板焼き、きびなごのお刺身、揚げたてのさつま揚げ等々どれも美味しくて
d0219351_14592821.jpg

そして一度はホンマもんの体験したかった砂風呂に・・・・15分の砂風呂ですがジワァと汗が出ます。
背中 お腹がポカポカと 自然の温泉砂風呂は指宿だけだそうですよ。(写真ありません)

翌朝は7時からロビーに集合で希望者を1時間の朝の周辺ウオーキングが有るとか・・もちろん参加です。
私達4人とお一人の男性5人で・・・なんと贅沢な事でしょうフロントの職員さんの案内で・・・
休暇村の前は錦江湾  朝日が登って来ました
d0219351_15214623.jpg

d0219351_152232.jpg

朝日を撮る人達(このショット なんだか好きなんですが/・良いのが撮れましたか?)
d0219351_15223117.jpg

知林島です
3月から10月頃にかけて、干潮時に長さ約800 mの砂州が出現し、大人の足であれば片道20分ほどで歩いて渡ることができるらしいです。もう一月遅かったら渡れたのに残念です。
d0219351_15343055.jpg

d0219351_1539444.jpg

小一時間の散歩がすんで その足でお食事どころに…他のお客様は朝食をあらかた済ませておりました。
適度なお腹をすかして おいしい朝食を頂き 2日目出発です。

次ページに続きます(クリックしてね)
[PR]
by nobkonsky | 2013-03-06 20:36 | ちょっとお泊まりで | Comments(0)

ドームキルト展

毎年恒例の東京ドームのキルト展に行って来ました。
27日~29日まで朝8時半の飛行機で・・・・・東京に一人で行く時には必ずと言うほど飛行機です。
飛行機に乗るためにせっせとジャルのマイルを貯めています。
それはなにもかもお支払いはカードです。この涙ぐましい努力我ながらほめて遣わしましょう(笑)
そして少しぜいたくにお席はJクラスでゆっくりと・・・・・
さぁキルト仲間の待つドームに出発です。
8時半に乗って~~~~9時前から見えて来ましたよぉ 富士山です。
d0219351_21293270.jpg
 
こんなに綺麗に見れたのは最近まれです。やっぱり富士山はええなぁ あんなに山好きなサットンは
富士は登る山ではない 遠くから姿を見る山やと言っていますが ホンマやね!
9時半に羽田に着きました お仲間との約束はドームで11時半 時間がたっぷりあるので、
浜松町から山手線で東京駅まで・・綺麗に出来上がった駅舎を見ることに・・・
d0219351_22175423.jpg

d0219351_22182331.jpg

d0219351_22185680.jpg

d0219351_22191470.jpg

d0219351_22193354.jpg

逆光でチョット残念だったけれど・・・夜の東京駅もすてきだろうなぁ~~~
東京駅からメトロに乗り後楽園まで・・・ドームホテルに手荷物を預けて・・・待ち合わせのお食事に
東京ドームミーツポートエリア4階 セレブ・デ・トマト店で
d0219351_22251785.jpg

お仲間と楽しいお食事です。一年に一度のお仲間とのドームオフ会です。
2時過ぎからゆっくりと・・・
まずは私達の参加している作品を・・・こんなパートナーシップキルトというので参加しているんですよ。
小さな作品 20㎝です。
d0219351_22321086.jpg

そしてキルト仲間の作品です。
下のバックはお仲間といったら おこがましいですが お仲間の中に先生が・・・
その方の作品です バック部門で入賞です 素晴らしいバックです。
d0219351_22351472.jpg

これからは 私が気になった作品です。
d0219351_22384170.jpg

d0219351_22392551.jpg

d0219351_22394715.jpg

d0219351_22404117.jpg

d0219351_224162.jpg

5時過ぎまでゆっくりと見て回ることが出来ました。
d0219351_2244050.jpg

ドームホテルのお泊まりで 毎年のこと修学旅行の女学生の様に夜遅くまで語りつくすのです。
そして遅い朝食をとり来年又ドームでねと約束して~~~~~

More続きます
[PR]
by nobkonsky | 2013-02-02 23:16 | ちょっとお泊まりで | Comments(8)

八尾おわら風の盆

恋焦がれて長年の夢だった八尾おわら風の盆に2~3日で行って来ました。
2日サンダーバード7時42分発 JR特急サンダーバード3号で高岡まで 高岡でネット友の雅さんと待ち合わせです。
私の方が40分程早く着きます 駅には2日間お世話になるVIVIさん とゆりかごさんが迎えてくれました。
VIVIさんとは9ヶ月振りで再会 ゆりかごさんとは 早いものでもう6年位になりますでしょうか。
勿論3人でハグでの再会を喜ぶあいます。コーナーの真ん中でキット可笑しな光景に映った事でしょうね。

雅さんを待つ間駅を出て小さなギャラリー兼喫茶店でお茶をしながら もう 立て続けにお喋りが始まります。
今回のお邪魔する事は去年から決まっていましたが その間に雅さんが大きなケガをしまして…参加できるか心配していましたが・・・何だか目標が出来てしっかり治されたようで VIVIさんが八尾は歩くばかりだっから と心配していましたが 心配するにはおよばずでした。
 
八尾の夜の写真は沢山 それこそ凄い枚数を撮りましたが UP出来るのはほんの数枚です。
そんな話をするとやさしい友は使ってねと送ってくれました。 VIVIさん 雅さんありがとう 使わせて頂きました。
早々と 言い訳を書きました((+_+))

雅さんが到着です 雅さんとは1年に一度毎年ドームホテルでお泊まりです心なしか足を引きずっている?
大丈夫かな??
11時過ぎですのでお昼にしましょう~~~~連れていって頂いたのは。
私のたっての希望で 砺波市にある古民家を再生した お店です 手打ち石臼挽き 福助 
d0219351_1311137.jpg

予約が取れないお店らしいですがVIVIさんの計らいで・・・大阪 東京から ここのお蕎麦が食べたいというお友達を案内しますなんてTELして・・・・(ちゃうちゃう おわらに来たんだよ ←心の声)
 美味しかったぁ 満足 満足 蕎麦汁まで頂いたわぁ(^_-)-☆

そしてここからは高速を使って氷見市余川にある 景色の良い丘の上にあるワイナリーと農園の
セイズファームです。
後ろを振り返れば氷見の町が一望です。 遥か向こうの対岸には立山連峰が一望できる時も有るんですって!見えませんでした 残念!
d0219351_13133559.jpg

そして~~~3人さんは一列になって 進んで行きます まって~~~~~!
お勧めのハーブティーを頂きました ブレンドで これも美味しかったです。
d0219351_13163598.jpg

ここからホテルにチェックインです。ホテルグランティア氷見 和蔵の宿
5時半のお迎えの約束をして ひとまずVIVIさん ゆりかごさん とお別れです。
ゆりかごさんとはここでお別れです。 私達2人は このホテルご自慢の露天風呂で汗を流して・・・・
キット今晩は夜通し朝方まで帰れないので入っておくことにしましたよ。

約束の時間にお迎えが・・・・今晩のお食事処ろに~~~
d0219351_1345569.jpg

八尾に繰り出す人数はVIVIさんのお友達に私達二人を入れて頂いて総勢13人です。
ここでお食事をして自己紹介です 皆様よろしくお願いします。去年大阪から 人生の楽園を求めて移住したご夫婦とお席を隣り合わせにと配慮して頂きました。
8時前からのお食事です。 地元の方ばかりですので 観光客が帰ってからゆっくりと楽しむようにして頂きました。
こんな許可書を頂かないと車で中に入れないそうですよ。
d0219351_1352848.jpg

10時を過ぎています 10時までシャトルバスが動いていますので 一般の観光客はとっくに退散しています。
それでしようね ごった返すような人出ではなかったもの~~~~
d0219351_145126.jpg

d0219351_1452974.jpg

↑雅さんにお借りしました。
d0219351_1465431.jpg

d0219351_1474696.jpg

↑VIVIさんにお借りしました。
d0219351_1483428.jpg

↑とっておきの1枚です。
d0219351_1491679.jpg

↑VIVIさんにお借りしました。 輪踊りに参加しました よく見ると皆さんと振りがちがう・・・・
見ながら手足をでしているので遅れているんですね。

八尾風の盆一言で言い表せない感動を覚えました。
越中おわら節の哀切感に満ちた旋律にのって、坂が多い町の道筋で無言の踊り手たちが洗練された踊りを披露する。艶やかで優雅な女踊り、勇壮な男踊り、哀調のある音色を奏でる胡弓の調べなどが来訪者を魅了する。
写真はボケボケで 情けない思いですが  頭の中には胡弓の音色 歌い手の切なく聞こえる声 編みがさをかぶった優雅な女踊り そして勇壮な男踊り しっかりインプットされております。

ちょっと皆様にこの気持ちがお伝えできないのが残念です・・・・・

2時過ぎまで さまよっておりました。そしてホテルに着いたのは3時15分 眠りに着いたのは4時・・・・・

More 続きます Moreを押してね!
[PR]
by nobkonsky | 2012-09-06 15:24 | ちょっとお泊まりで | Comments(12)

大塚国際美術館と 金毘羅さんを尋ねて!

20日(金曜日)21日(土曜日)一泊で海を渡って(海外ではないよぉ~~~)
レンタカーで出かけて来ました 前日まで快晴でしたが なんと言う事でしょう 7時に家を出て明石大橋を渡りだすと凄い雨に出会いました。
明石大橋の素晴らしロケーションも楽しめず・・・
d0219351_2025279.jpg

ワイパーが壊れそう~~~行き交う車もわからず・・・この雨脚がよく言う1時間に最大雨量90㎜と言うのでしょうか??(ゲリラ豪雨ですね!)

なんと徳島の鳴門公園に着くまで雨が降っていました。

大塚国際美術館は、大塚グループが創立75周年記念事業として徳島県鳴門市に設立した日本 最大級の常設展示スペース(延床面積29,412平米)を有する陶板名画美術館です。
前々から見たくて楽しみにしていました。
d0219351_2093912.jpg

d0219351_2095557.jpg

バチカン宮殿内のシスティーナ礼拝堂など、教会の壁画の再現などもありすばらしかったです。
去年のイタリア迷子事件のシスティーナ礼拝堂の教会の壁画などよく見ていなかったので 興奮して見いりました。ミケランジェロの最後の審判です。
d0219351_20171142.jpg

d0219351_20172589.jpg

d0219351_20174529.jpg

d0219351_2018535.jpg

レオナルドダビンチの最後の晩餐です。
d0219351_20183430.jpg

最後の晩餐を修復するのに20年、本当はこんなに綺麗だったんですね。
d0219351_20193393.jpg

あまりにも作品が多くて グルグル回って見ても終わらない…1000点の作品の展示で疲れました。
この美術館1回で見るのは無理ですね。どこかでこの辺で良いやと諦めるのも 勇気がいりますが・・・
ここで一日遊べますよ・・でも疲れます。ガイドさんの案内で私達はポイントポイントを効率よく見ることができました。
横綱白鳳がここで結婚式をあげたんですよね。新婦が徳島県出身で、結婚前にも2人で何度かデートに訪れたのが縁で同美術館を式場に選んだという。2人は、ミケランジェロの代表作「最後の審判」を陶板で立体再現したシスティーナ・ホールで、親族や関係者のほか一般公募で選ばれた参列者を前に永遠の愛を誓った。
モネの睡蓮をイメージしたブースに・・・
珍しい睡蓮が色とりどりに咲いていました。
余談ですが 何回もここを訪れていると言う方が こんなに綺麗に咲き揃っているのを見るのは初めてとおっしゃっていました。
d0219351_20262482.jpg

d0219351_20264362.jpg

d0219351_20375965.jpg

レストランでランチを摂りここを後にすることに・・・・
d0219351_20584235.jpg


運転手さんも大雨の運転に疲れた模様です 早くホテルに入ってホテルライフを楽しみましょうと言うことで、
金毘羅さんの麓のこんぴら温泉華の湯 桜の抄に!
d0219351_2122332.jpg

女性の露天ぶろは薔薇のお花が・・・・そしてお部屋にも露天風呂が・・・・何とも心地よい~~~
d0219351_2153836.jpg

そしてお食事です。満足じゃぁ~~~~(^o^)/
d0219351_2172274.jpg


明日に備えて ・・・・・・続きます

More
[PR]
by nobkonsky | 2012-07-30 22:50 | ちょっとお泊まりで | Comments(10)