カテゴリ:みちのく秘境 秘湯 5日間( 2 )

みちのく秘境 秘湯 5日間 №2

3日目、8時お宿を出発です。大阪から出かける前に大きな台風が日本列島を縦断との予報でした。
今回はこの台風を吹き飛ばすのに晴れ女の力が欲しいのですが 半分あきらめていたんです
晴れ女の威力でも台風は吹き飛ばす自信がありませんが 28名のお仲間には晴れ女 晴れ男が多数いたんですよ 添乗員さんも ガイドさんも皆さんの力で吹き飛ばしてくださいねと!!
出発前にガイドの半田さんが皆さんで晴れのお祈りをしましょうと、アイヌ語でカムイ アポニカ アホイヤと3度唱えると願いが叶うと言うのです。真剣に皆さんで祈りました(笑)
蟹田港から陸奥湾フェリーに乗って脇野沢港まで50分で行けるのが台風でフエリーガ欠航になると陸送でバスで5時間もかかるんだとか・・・昨日からどうか船が出る様にとみんなで願っていましたよ。

d0219351_19514274.jpg
祈りが届きました。波は穏やかで台風は東へ去って行ったようです。
d0219351_20194184.jpg
下北半島佐井から仏ヶ浦遊覧船に乗って仏ヶ浦観光です
d0219351_20344628.jpg
「仏ヶ浦」とは
如来の首、五百羅漢、一ツ仏、親子岩、
十三仏観音岩、天竜岩、蓮華岩、地蔵堂、
極楽浜 などの名前が付けられた
岩々の総称を指すものです
d0219351_20301270.jpg
緑山肌に白い巨岩がびっしりと。凄い迫力で迫ってきます。
d0219351_20231932.jpg
d0219351_20234942.jpg
d0219351_20243057.jpg
佐井に戻りバスの人となります
これから本州最北端大間に行きます
大間のマグロ有名ですよね 3年ほど前に築地市場で「寿司ざんまい」が一億円以上のセリで落としたのを
知りビックリしたのを覚えていますが・・・・
d0219351_20384949.jpg
最北端 半端じゃない強風です、
帽子もかぶっていられません この写真は皆髪の毛がすごいです。
d0219351_20393434.jpg
これからこれを逃がしたらきっと生きているうちには行けないと思う
恐山に行きます。高野山・比叡山・恐山が日本三大霊場だそうです。
TVで知るだけなんだけれども 
恐山では、いまなお、夏の例大祭(7月20日~24日)と秋詣り(10月上旬)の年2回だけ、
イタコさんが(巫女さんで霊能力がある人)口寄せをしてくれるのだという。
口寄せというのは、霊を憑依させ、その言葉をいただくイタコの技術です。
d0219351_20513150.jpg
この山門の横に温泉があるんですよ。恐山と聞くとおどろおどろしいイメージですが
極楽浄土の景色と温泉がある所です。でもこの地に立つと独特な雰囲気を感じずには居られませんでした。
d0219351_20530715.jpg
d0219351_20541898.jpg
d0219351_20550496.jpg
d0219351_20554921.jpg

バスに乗る時には肩の霊を振り払いバスに乗ります。

今晩のお宿は斗南温泉陸奥グランドホテルです。高層階でしたので眺めも良く、食事も申し分なし
何より温泉のお湯がぬるっとして如何にも肌に優しいです。
d0219351_21073930.jpg
4日目の朝を迎えました
お宿を出発です
久慈駅まで行きます。三陸鉄道北リアス線に乗り普代駅まで列車の旅です。
ここは復興の為にしっかりとお金を落としてこなければ!!
d0219351_21111069.jpg
d0219351_21120564.jpg
この列車あまちゃんで・・・

d0219351_21132602.jpg
気持ちを若返りあまちゃんになり切りました(笑)
d0219351_21143460.jpg
車中でウニ弁当を頂きました おいしかった!
車中から見る三陸海岸ですが こんな綺麗な景色もあの津波で
・・・
高い防波堤が出来て景色もこの位・・・
d0219351_21183428.jpg
d0219351_21191622.jpg
d0219351_21223513.jpg
d0219351_21235197.jpg
まだまだ復興は遅れています。
建て直された住宅も今までの半分の㎡だとか

次は鵜の巣断崖に行きますよ
北山崎とならぶ北三陸を代表する景勝地。足元がすくわれるような圧倒的な高さが特徴で、崖の中腹にウミウの巣があることにその名を由来します。弓状にえぐられた高さ200mもの断崖が5列に連なる様は、さながら巨大な屏風を立てかけたよう。波打ち際の砂浜に現れて消える白波の美しさも印象的です。

d0219351_14385590.jpg
d0219351_14470918.jpg
看板と全く同じでしょう。
d0219351_14474472.jpg
d0219351_14483156.jpg
今日のお宿は宮古 浄土ヶ浜パークホテルです
d0219351_14595663.jpg
最高のホテルでした 今まで沢山の素晴らしいホテルに泊まりましたが
一番と言っても・・・・天皇陛下、美智子妃殿下、皇太子殿下、雅子様の写真がロビーに飾ってありました。
チエックインしてから
時間がありましたので浄土ヶ浜まで山から下りて散策にいきました。
d0219351_15142508.jpg
思いがけず素敵な夕日に出会いました\(^o^)/
陸中海岸国立公園の中心をなす浄土ヶ浜は、宮古の代表的な景勝地です。
およそ300年前に霊鏡和尚がこの地を発見し「さながら極楽浄土のごとし」
と賛嘆して名付けられたと伝えられています。
d0219351_15193838.jpg
お食事前にロビーで一休みです。

5日目お宿を出発です
今日は浄土ヶ浜遊覧船に乗りますよ
d0219351_15225959.jpg
d0219351_15234142.jpg
この遊覧船は津波の前は3隻あったのですがたった1隻残りました。
船長さんが予報を察知して津波の来る前に大海原に避難したそうです。
津波がおさまるまで何日も海の上での乗組員さんたちと生活されたそうです。
今はこの一隻で遊覧しています。
d0219351_15282480.jpg
ウミネコに100円で買ったパンをやります。ナイスキャッチ
d0219351_15274645.jpg
d0219351_15444458.jpg

d0219351_15394313.jpg
40分の遊覧を終えて
昨日夕日の浄土ヶ浜をまぶしい光の中で・・・・
d0219351_15463857.jpg
d0219351_15482185.jpg
ここでお昼を頂いてから
  楽しかった旅 おいしかった海の幸
色々思い浮かべながら仙台空港まで5時間のバスなんですよ。
18時45分の飛行機で帰路に着きます。お祈りのお蔭で5日間共に晴れの天気。東北では珍しい事と添乗員さんが。ガイドさんも大喜びでした。
最後に 長い旅を28名可愛がっていただいたJTBの添乗員さん
岩手交通のドライバーさんガイドの半田茂子さんありがとうございました。
半田さんあなたの素晴らしいガイドには一生忘れません・
後2年と言わずに足腰が立たなく迄名調子名ガイドで皆さんを笑いの渦に巻き込んでくださいね。
出会ったときに、ありゃとサットンが23歩引いた事をこころからお詫び申し上げます
知識が豊富で流暢で長旅の5日間飽きさせずわ笑い転げて感心ばかりです
こんな素敵なガイドさんがいるから今後もツアーはやめられませんね。
d0219351_15534189.jpg
皆さま長いお付き合いありがとうございました

2017 10 9 ノブコン記















[PR]
by nobkonsky | 2017-10-09 17:45 | みちのく秘境 秘湯 5日間 | Comments(0)

みちのく秘境 秘湯 5日間 №1

9月1日(金)から5日(火)迄 遅い夏休みをJTBのツワーでいつものお友達6人で出かけてきました。 伊丹空港8時10仙台空港9時25分の到着です。
男鹿半島・津軽半島・下北半島・三陸海岸の 秘境秘湯を巡ります。                           
空港に着くと添乗員さん ガイドさんが出迎えてくれました。ガイドさんは我々と同じ年かなと思われます。会うなりサットンが2,3歩引きましたが、後々このガイドさんがなんと??
京都から 滋賀から 奈良から 堺からの総勢28人のグループです 。
これからこの一行でドライバーさんガイドさん添乗員さん私達28名と総勢31人の5日間の
旅が始まりです。ちょうどいい感じです。 期待に胸が高鳴ります。
先ずは男鹿半島に ここは風が強いので巨大な風車が沢山目に入ります。

d0219351_11245632.jpg
             大きな なまはげ👹が出迎えてくれました。
                女性陣4人に男性2人の旅です
d0219351_11263750.jpg
                先ずは八望台に行きますよ
  
d0219351_09512037.jpg
男性陣はこの二人(笑)
d0219351_11300398.jpg
d0219351_09330356.jpg
県道121号線沿いに位置し、戸賀湾・一ノ目潟・二ノ目潟さらには奥羽山脈・青森県境までもを眼下に眺望できる景勝地です
「八望台」という名は、高松宮殿下が命名されたとの事
お手植えの松もありました。
d0219351_09561167.jpg
入道崎の象徴でもある入道埼灯台は、白黒の縞模様が印象的で日本の灯台50選
に選ばれています
d0219351_09581266.jpg
9時25分に仙台空港についてからバス移動が始まりました。
やっと今日のお宿に・・・・
男鹿観光ホテルです。
d0219351_10094016.jpg
d0219351_10102746.jpg
ここの名物料理は男鹿名物石焼料理です
男鹿の漁師たちが発案した磯料理だそうですよ
秋田杉で作った桶に男鹿近海で獲れた魚介類を入れ、
この中に800度から1000度に熱し真赤になった石を豪快にほうり込む 迫力満点の料理を目の前で
作っていただきました。
そして夕食を食べ終わり なまはげと和太鼓のライブです
d0219351_10230603.jpg
d0219351_10241426.jpg
d0219351_10245081.jpg

恩荷(おんが)と言います

地元の若者たちが結成した和太鼓団体です。
活動メンバーは、ふるさと男鹿を元気づけ楽しい町にしようと仕事の傍ら地域活動の一環として、
男鹿温泉郷をホームグランドに活動しています 学校の先生 市の職員 学生さん
皆さんお仕事を持っていながらの活動だそうです    素晴らしかったよぉ!\(^o^)/
ライブに酔いしれて一泊は深い眠りにつきました。
さぁ二日目が始まります
白神山地に行きますよぉ

d0219351_10383158.jpg
人気の五能線を走るリゾート列車しらかみが丁度白神駅に到着。グッドタイミング!!
d0219351_10394382.jpg
d0219351_10402530.jpg
d0219351_10412250.jpg
d0219351_10420959.jpg
d0219351_10424141.jpg
d0219351_10432162.jpg
d0219351_10435254.jpg
次は一度は入浴したいと思っていた不老不死温泉です
d0219351_10514166.jpg
↑写真はお借りしました 
混浴ですが入りましたよ でも心配ありません真ん中に仕切りがありました。
浴衣200円で借りて3ヶ所のお風呂周りをしたのであります。日本海を前に最高でした。
d0219351_10454874.jpg
お風呂周りをして皆の顔はふやけていますね
バスが後ろで待っています 写真は早く切り上げてバスに乗り込まないとね。
d0219351_11065653.jpg
d0219351_11025802.jpg

千畳敷です。
紀州白浜の千畳敷を知っている私たちは感動が少なかったですよ 白浜の方がすごいよ!

d0219351_11054608.jpg
そして十三湖に
津軽半島北西部の日本海岸にある汽水湖です。
ここはシジミが有名です
d0219351_19583868.jpg
d0219351_19592680.jpg
勿論シジミ汁を飲みましたよ。

d0219351_20001184.jpg
そして峠を越えて

d0219351_11132030.jpg
d0219351_11092864.jpg
有名ですよね
石川さゆりさんの津軽海峡冬景色の歌碑の前で勿論歌いました♪
d0219351_11120811.jpg
北海道も見えます。
日本唯一!?車が通れない「階段国道」がここにあります
可笑しいですね何で階段が国道??
何故このような階段国道が出来たのかというと、お役所の役人が国道指定の際、地図を見ただけで国道に指定し、後に車の走れない階段道だと気が付いたといういかにもお役所仕事の結果出来たそうです。
        
d0219351_11144145.jpg
お宿は竜飛崎温泉ホテル竜飛で
す。竜飛岬に建つ一軒ホテル62室の素敵なホテルです。
d0219351_11164473.jpg
ここのホテルの下は北海道新幹線が通過して居ます
d0219351_11182248.jpg
このロビーのしたを通過するとランプがともり列車の音が聞こえますよ。


次3日目に続きます。













[PR]
by nobkonsky | 2017-10-08 13:02 | みちのく秘境 秘湯 5日間 | Comments(0)