<   2012年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧

上高地 穂高 3日目

4時に起床です 8人で肩寄せ合っての夜でした寒いかなと思いましたが暑くて 眠りが浅かった様な!
下りは登りより得意の私は寝不足でも心配はしていないんだけれどもね・・・・
でも少し心配が・・・右足の親指の爪が当たって少し痛いのが、ちょっとねぇ~~
朝食は4時半です。
朝食を済ませて涸沢のモルゲンロートは5時50分
d0219351_20232588.jpg

d0219351_20232013.jpg

d0219351_20241613.jpg

ちょっと雲がかかって現象も徳沢で見たようには行かなかったけれども・・・・満足(^o^)/
d0219351_20245368.jpg

さぁ下山です6時30分 降りるぞぉ~~~
d0219351_20115056.jpg

d0219351_20252623.jpg

d0219351_2026151.jpg

d0219351_20262426.jpg

垂壁が大きく仰がれる屏風岩を右に回り込んで
横尾大橋にやっと着きました時間を見ると9時半 ここまで3時間で来ましたね やっぱり下りは早いですね。
ここでトイレ休憩15分
d0219351_20272534.jpg

さぁここから1時間徳沢園に10時45分ぐらいかな?お決まりのソフトクリームと
朝が早かったのでカレーライスで早めのお昼を済ませて・・・・ハイパチリ!
d0219351_20351625.jpg

上高地バス停まで あと2時間歩きま~~す。
d0219351_20401177.jpg

上高地に着きました 足の爪の痛さはさておき 無事に到着\(^o^)/
d0219351_204147.jpg

バスターミナルには1時20分につきました バスの整理券をもらい2時のバスに乗れます。
松本駅には4時着です 特急しなのの時間には1時間ほど有りますので 松本ではお蕎麦でしょう と云うことで天ザルを 美味しかったぁ!
d0219351_20471678.jpg


無事我が家に9時過ぎに到着です。あぁっぁ長年の夢がかないました素晴らしいお天気に恵まれて
テント泊なんて脅かされ・・・・心配していたけれども 小屋に重なりあって。。。楽しかったなぁ~~~
今でも赤 黄の山肌の色に 気持ちは未だ涸沢のカールの底に居るんです。

おつき合い有り難うございました。
ノブコン記
[PR]
by nobkonsky | 2012-10-20 21:16 | 山歩き | Comments(8)

上高地 穂高 2日目

7時からの朝食を済ませて徳沢園を7時半に出発です。
ここから横尾山荘まで1時間の行程です 霜が降りて霜柱も立っています。
テントも見えて来ました 寒かったやろうなぁ~~テントを止めて正解のようです。
サットンは今だ諦めきれずに テントまで行って尋ねています どうでしたか?眠れましたか?・・・・・
(何とも往生際が悪い事!)
d0219351_954050.jpg

ここは槍ヶ岳 蝶ヶ岳の分岐点になります。 
サットンは若かりし頃槍はもちろんこのあたりの山は制覇していますが私は槍は登っていません。 
d0219351_9584438.jpg

横尾山荘でトイレ休憩です 横尾大橋を渡ります。
d0219351_1455015.jpg

涸沢ヒュッテまで 景色を楽しみながら4時間ほど歩きます。
d0219351_14582446.jpg

本谷橋まで辿り着きました。河原には沢山の登山者が甘いものや水分補給です。
d0219351_1505749.jpg

見て下さい この行列…交通整理がいる様な・・・・・こんにちは お先にどうぞぉ~~~
d0219351_1524665.jpg

d0219351_1545731.jpg

d0219351_166493.jpg

d0219351_167354.jpg

d0219351_15530100.jpg

d0219351_1672672.jpg

d0219351_1554939.jpg

ゴロタ石の岩場を歩きます。
d0219351_1561384.jpg

涸沢ヒュッテと涸沢小屋の分岐点が出て来ました  疲れ果て・・・・もうすぐかな??
でも 距離の表示がありません(@_@;)
d0219351_1573023.jpg

吹き流しが見えて来ました・・あぁヒュッテの吹き流しや! もうじきかな?
山のもうじきは 距離があるんだよなぁ・・・キット後30分も歩くんやろうなぁ・・・ちょっと足の爪が痛いしなぁ!
ひとりでブツブツ言いながら私は一人歩きです。(サットンは とっくに到着している事でしょう)
d0219351_15103395.jpg

空を見上げると ここだよ 早く登りなよ と行き先を案内してくれる様な雲が~~~~~
d0219351_1515370.jpg

最後の大きな石段を登ると。。。。 ヒュッテが \(^o^)/ 到着1時です 朝から5時間半 着きましたぁ!
d0219351_1531957.jpg

テラスには凄い人が・・・・もうサットンは おでん ビール ワインを
調達して席を確保です。 15分遅れやね 早く リックを下ろして 喉を潤そう・・・・
なんとワインの美味しい事!そして、まったり のんびりと、同じテーブルのご夫婦と楽しいお喋り
d0219351_15201855.jpg

ワインを開けながら 下を見ると まぁ凄いテントの数、先週の3連休は1000張りもあったそうです。
本当ならばこの一角にテントを張る予定だったんだね!
d0219351_1532126.jpg

布団の上で休めることを確認すると 山の景色も一段とよく観察できます。
素晴らしい景色です。奥穂高岳・北穂高岳が真っ正面に見え感動ものです。
d0219351_15454018.jpg

お部屋は4枚の布団に8人です 私達を含め4組の夫婦・・・
これでも良い方だとか3連休には1枚の布団に3人が重なり合ったとか・・・・
d0219351_15491244.jpg

山の陽は早く落ちます、ここは4時半から6時半の間の好きな時間に夕食・・・
d0219351_1552596.jpg

9時消灯ですが 夕食が終ると明日の用意をして7時半には布団にもぐり休みました。
明日は4時起床で4時半朝食の予定です。

明日続きます。



暮らしの歳時記
教室便り
[PR]
by nobkonsky | 2012-10-18 18:28 | 山歩き | Comments(5)

上高地 穂高

涸沢の紅葉を見ずして穂高を語ることなかれ・・・とサットンは言っています。
二人の長年の夢が叶いました。
10月12日~14日まで出かけて来ました。
8時 新大阪 のぞみで9時名古屋着 特急しなの11時松本着 松本電鉄で新島々で30分です。
アルピコバスで上高地バスターミナルまで1時間です 1時20分に着きました。
d0219351_2122563.jpg

御存じ上高地のかっぱ橋が遠くに見えます。
d0219351_21272264.jpg

おおお 人 人 人ですねぇ。
d0219351_21263945.jpg

私達も御多分にもれず これから登る穂高連峰をバックに ハイピース。
d0219351_21292137.jpg

穂高連峰です。
d0219351_2129335.jpg

穂高奥宮 参道に着きました
d0219351_21352425.jpg

この吊り橋を渡ると明神池です。
d0219351_2135415.jpg

有名な嘉門次小屋です 日本近代登山の父、W・ウェストンの山案内人として知られる上條嘉門次。
彼のひ孫に当たる4代目がここ嘉門次小屋の当主です。
明治13(1880)年に建てられた当時の雰囲気を伝わります。
小屋の横ではイワナの塩焼きが炭火で・・・・とっても良い臭い。
d0219351_21361295.jpg

明神池です。
d0219351_21363754.jpg

d0219351_2137621.jpg

さぁこれから 今日のお宿までダラダラ道を1時間歩きます これが結構疲れます。
d0219351_21521555.jpg

程良い歩きを~~~わぁテントが見えて来ました。
d0219351_2154368.jpg

今日のお宿は徳沢園です
井上靖氏の小説 氷壁 の舞台の宿、徳澤園です。
d0219351_220457.jpg

まずはチェックイン前に有名なソフトクリームを食べて・・・400円です。
カレーライスも有名 850円 帝国ホテルは2000円なんですと!(カレーは15日下山の時に食べました)
d0219351_2234389.jpg

暖炉を挟んで夕食と朝食です。 これが山小屋?ホテルのようです。
素晴らしいお風呂もあるんですよ。
d0219351_228117.jpg

朝食は7時です。 朝食前に サットンが奇声を出してカメラのシャッターを・・
d0219351_22103811.jpg

前穂高のモルゲンロートです ↑ ↓
モルゲンロートとは、御来光によって山々が赤く染まること。逆に夕日で染まることをアーベンロート・・・・
なんと神秘的な事でしょう
 
d0219351_22112082.jpg

素晴らしい こんな現象を見たのは初めて 興奮しました。
7時半に徳沢園を出発です。 さぁとこれから6時間の行程を歩きます。

明日に続きます。



暮らしの歳時記
教室便り
[PR]
by nobkonsky | 2012-10-16 22:28 | 山歩き | Comments(12)