「ほっ」と。キャンペーン

<   2013年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧

スイスアルプス№3

今日は氷河特急に乗ってアンデルマット2時間45分の列車の旅です
朝早くに目が覚めました6時過ぎのマッターホルン 街の明かりもちらほらと
d0219351_16574862.jpg

出発な前のマッターホルン これが見おさめです 良く見ておこう~今朝は雲がかかっていますねこれも一見
d0219351_16581134.jpg

荷物はツェルマッとの駅まで運んでくれます ここは自然破壊はいけませんので電気自動車!
d0219351_1721940.jpg

世界一遅い特急列車で走る展望台です(*^_^*)
d0219351_1752178.jpg

車窓からの眺めです。険しい渓谷、白銀に輝く山々、緑の牧草地、変化に富んだ車窓風景です。
d0219351_19103636.jpg

d0219351_19114466.jpg

アンデルマットに着きました。此処で昼食です
d0219351_19122723.jpg

d0219351_19134331.jpg

昼食を食べてこれから夏季限定の絶景の二つの峠越えです。大型バスに乗り換え約100k走ります。スリル満点でした。
d0219351_19143018.jpg

夏の間しか通ることのできないフルカ峠 グリムゼル峠の絶景ドライブです。
d0219351_1918278.jpg

ローヌ氷河は、アクセスが容易であったため、19世紀以来様子が記録されています。氷河は、この120年間で〜1300 mも岩石を残して後退しています。
d0219351_2011503.jpg

d0219351_19202447.jpg

下を見下ろせば駅にSL列車が停車中です。だいぶん遠いがシャッターチャンスか!!
d0219351_193058100.jpg

d0219351_19342064.jpg

そしてインターラーケンの街に到着。ホテルに着いてその足で買物をしながら散策をしていました
インターラーケンとは・・・
スイス中部,ベルン州のトゥーン湖,ブリエンツ湖にはさまれた観光の町。人口4900(1980)。
インターとは真ん中 ラーケンとは湖 湖の間に出来た街です。
12世紀にアウグスティヌス派修道院の建立に伴って開発され,都市ベルンの保護と支配を受けた。
早くから観光地として発展しました。
d0219351_19344869.jpg

d0219351_19364950.jpg

街のあちこちでこの様な水のみ場が有ります アルプスの山からの水は美味しく頂けます。
ミネラルが一杯ですね。水道水もこの様な山からのお水ですよ。
d0219351_19371756.jpg

d0219351_19375810.jpg

d0219351_19381822.jpg

d0219351_19384395.jpg

綺麗な町並み 少しの買い物も済みました ホテルで夕食です。
今日は8日実は私の67歳の誕生日です。
歳時記でも書きましたが(7月21日)
夕食の時に何時もカメラを持って出ているのに私もサットンもカメラをベットの上に堀投げて夕食会場に出かけていました(いつも しつこくお食事写真を撮るのに考えられないことです)
そんな時に限って添乗員さんの柿本さんが粋な計らいをしてくれました 
小さなケーキと自前のロウソクでお祝いしてくれたんです。
ロウソクはフランスで買って来てくれたとか。吹き消しても 又直ぐに炎が付き皆さんのやんやの喝さいを浴びました。 残念なことはお祝して頂いたのに写真が無く悔やまれましたが・・・・
夕方ご一緒したオードリーさんがメールで送ってくれました。なんとご主人様がこっそりと 携帯℡で撮っていてくれたそうです、うれしい~~~有り難う\(^o^)/ 三男さん おおきにです。
d0219351_1939130.jpg

思ってもいなかったサプライズのバースディーで29人の皆さんにヤンヤの喝さいで祝ってもらい幸せ者です。
忘れられない67歳です。



明日はいよいよ世界自然遺産の名峰アイガー・メンヒ・ユングフラフへ登山列車を乗りついで~~~~


未だ未だ続きます。
[PR]
by nobkonsky | 2013-07-22 21:08 | Comments(4)

スイスアルプス№2

一日目は2時間ごとに目が覚めて よく眠れていなかったんです。
床に着く前に明日は絶対に5時半に起きてマッターホルンの朝焼け(モルゲンロート)を見ないと。。。。

絶対に晴れていますように 祈りながら・・・・曇から雨の予報だったんです。 ここで晴れ女の威力を発揮しませんと・・・
ガァン 朝陽がまぶしいです~~~~\(^o^)/
d0219351_16331610.jpg

見て下さいませ!こんなに素晴らしい姿が見えるなんてめったにないらしいですよ。(現に翌日早く起きてみましたが雲がかかり山の姿すら見えなかったのです)
d0219351_16351249.jpg

朝食を食べてから登山列車に乗ってゴルナーグラート展望台(3089m)まで向かいます。
マッターホルンの勇姿がぐんぐんと目の前に迫ってきます・・・・
d0219351_1642164.jpg

d0219351_1642831.jpg

d0219351_16425249.jpg

d0219351_16432725.jpg

ゴルナーグラートからは4000m級の山々と氷河の大パノラマが!!すごい絶景ですべてが富士山より高い
d0219351_16435556.jpg

d0219351_16441849.jpg

d0219351_16555778.jpg

 折り返し登山列車でローテンボーデン駅まで下り日本人ガイドさん竹内さんのガイドでリッフェルベルグ駅迄1時間半のハイキングです。
 わぁ すごぉい 逆さマッターホルンです。これもみたかったんですよね!感動です!
d0219351_210344.jpg

なんとも観光客は日本人ばかり ここ どこなん? スイスちゃうん?
d0219351_211403.jpg

ここから再度列車で下り、リッフェルアルプ駅からツェルマット駅まで2度目のハイク。空は快晴で空気も美味しくなんと涼しい事。憧れていたスイスでのハイキングを満喫
d0219351_1715452.jpg

d0219351_172534.jpg

沢山のアルプスの花々に会うことが出来ました。
d0219351_1724927.jpg

お若い可愛い竹内さん有り難う 妹と3人でハイ、パチリ お婿さん募集中ですって!
d0219351_1742616.jpg

お昼は大きなウィンナーとパンを買って川べりの木陰で皆で頬張りましたよ。
今日の夕食はフリーですので 7時にレストランを予約して 2時間程ゆっくりしましょうと話が纏まり小ざっぱりと皆さんシャワーを浴びまして 又街中に繰り出しました。
勿論お土産も沢山買いましたよ。
エコの街で車は総て電気自動車です こんなエコも見れましたがね(*^_^*)
d0219351_17102390.jpg

夕食は私達は添乗員の柿本さんお勧めのお店でお勧めの羊の背肉焼でした 大層おいしゅうございました。
d0219351_17115150.jpg

今日も一日終ろうとしています。
でも10時前まで明るいので食事から帰ってきても こんな明るさ・・・もう夏休みが始まっているとか・・・・
山の上の方の多分ホテルのお子さんかな??9時過ぎでもローラースケートで下ってきました。
お部屋のガーデンにいると 「こんにちは」と可愛い3人のお子さんが声をかけてくれました。
お子さんはドイツ語ですので全然解らず…お互いに片言の英語でお話が出来ました。
d0219351_20551678.jpg


明日は氷河特急に乗ってアンデルマットに出かけます。楽しみです!! 2連泊も今日でおしまい 荷造りをして明日の朝に備えます。


マダマダ続きます。
[PR]
by nobkonsky | 2013-07-17 21:57 | スイス | Comments(4)

スイスアルプス  №1

5日から総勢8名でスイスに出掛けて来ました。
アルプス3大名峰と氷河特急の旅というJTBの企画に乗っかって~~~
年賀状にも今年はスイスに行きたいとサットンが書きまして・・・呼びかけた妹夫婦 友人のオードリーご夫妻 そして35年来の2人の友人キヨ&カズさん総勢8名の珍道中を・・・・。
d0219351_2256329.jpg

関西空港10時20分発(現地時間は4日の3時20分です)日本とは7時間の時差が有ります。
d0219351_2305965.jpg

アムステルダム(オランダ)のスキポール空港に翌日13時に到着 ヤレヤレ12時間の飛行機です。
此処で2時間の乗り継ぎが有ります。イタリアの時にも確か此処で2時間乗り継ぎでしたっけ!
少しだけユーロに交換して・・・・
乗り継ぎの2時間を惜しむようにチョットだけお買い物をしていますよ。
d0219351_2313499.jpg

この飛行機で来たんだね。
d0219351_23134553.jpg

17時5分発でジュネーブのコアントラン空港に着きました。
今夜のホテルは空港からバスで10分のノボテル ジュネーブ エアポートです ここはフランス領 一泊です。
d0219351_23192557.jpg

早い夕食を機内で済ませて来ましたのでホテルの前のスーパーでチョット夜のおつまみや お土産を・・・
d0219351_23234036.jpg

さぁさぁ お休みしましょ。
朝起きて皆に聞いてみたら2時間ごとに目が覚めて熟睡できなかったとか・・・チョットして皆さん興奮してたのかな??
朝食はバイキング・・まぁ こんなものでしょう~!
d0219351_2326184.jpg

8時半82kバスで移動です。
モンブラン観光の街シャモニ(ここは第1回冬期オリンピック開催地)
エギーユ デュ ミディ展望台 3842mに一気に登りますよ。
空中ケーブルのロープウェイを乗り継いで…お仲間のお一人さん 軽い高山病にかかりロープウェイを降りるなりチョット気分が悪くなり・・・・・心配しましたが 乗り切りました、
d0219351_23301347.jpg

すごい すごい 目の前は 岩肌と 雪に覆われたモンブランのパノラマです。
ここからは 素晴らしいパノラマです もう要らぬ説明は無用ですね。
d0219351_23353567.jpg

わぁ 人が見えますか 下山しています。 見ていて足が震えます。
d0219351_23362569.jpg

d0219351_1338418.jpg

d0219351_2338460.jpg

d0219351_23382652.jpg

なんと氷河が・・少しずつ溶けだしているそうです。
d0219351_1345229.jpg

高所恐怖症のお一人さんは足がすくんで何度立ち止まったことか。。。。
d0219351_23401421.jpg

d0219351_23403565.jpg

d0219351_23411563.jpg

d0219351_23425889.jpg

d0219351_23413440.jpg

d0219351_23421899.jpg

モンブラン(4810m)を満喫してバスで移動です。 テーシュへ 約144kの移動です。
まずホテルで昼食です。
d0219351_1555787.jpg

ホテルから街の風景 消防自動車も見つけました。
街のいたるところに川が流れています 濁流の様にすごい水量です。
水はと言えば乳白色の 硫黄の温泉の様な色です。 訳を聞くと氷河が削られて岩肌の細かい岩石が削られ石灰がまざりこんな水の色になるとか・・・・
そうそう スイスの水道水は日本の様に直接飲料水として飲めるんですよ。
なのにホテルでは水が出て来なくミネラルウォーターとして、お水を飲みたかったら 買わないと。。。なんともビールより高い!てな訳で外での飲み物はビールを沢山頂きました(ハイネケン)
d0219351_13521397.jpg

昼食を済ませてテーシュへ、そして今晩の滞在地 ツェルマット村に 登山鉄道で10分程です。
ホテルはホテルアルペンロイヤルです。
d0219351_1405685.jpg

ホテルや個人の家の窓辺にはどこもゼラニュームのお花がポット仕立てで・・・
美観もさることながら窓に網戸などありませんので虫よけにゼラニュームのお花が使われているようです。
d0219351_1565485.jpg

此処で2連泊ゆっくりできます。
先ずはロビーで大イベントの抽選会が始まりました。なんでしょう~~~~??
ホテルの玄関前からはマッターホルンがガァンとお出迎えです。
わぁ すごいやん!これがお部屋からやと最高やねぇ~~
実はね抽選会はお部屋の割り振りでしたの・・・・30人15組ですから15のお部屋ですよね。
全室がマッターホルンが目の前に見えるお部屋とは限りません 不公平があったら困ると言うことで抽選になりました。さぁ大変です 各パートナーは誰が15個並べているキーを取りに行くかもめていますよ。
わが家は私が・・・怒りっこなしね 私は40号室を 妹夫婦は28号室をオードリー夫婦は25号室をキヨ&カズは12号室を・・みんな心配です 見える所か・・・お部屋に行かないと解りません こればっかりは恨みっこなしね。
部屋に入るなり わぁ 歓声が上がりました なんと良いお部屋でした。皆が見えない部屋だったら 此処に日の出を見に来てもらったら良いよね と話していたら 幕を開ければこんなに素晴らしい所でも お連れから比べれば私たちが一番悪い部屋でした。サットンは ああぁよかった 皆がよかったなら これで充分と胸をなでおろしていましたよ。
d0219351_1483375.jpg

この光景が明日の朝はどの様に変化するのか楽しみです。

皆さん着替えて小ざっぱりして 夕食に街中に出向きます。
ねぇ お部屋どうだった?? 我がグループは皆最高の所だったので 最悪なくじを引いた人に申し訳ないので小さな声と小さなガッツポーズで・・・・・21時半位まで日本の17時位の明るさなんですよ。皆さん何時眠るのかしら??
d0219351_14232956.jpg

夕食はスイスの名物お肉のフォンデュを頂きました。
私はフォンデュと言えばチーズフォンデュしか知りませんが こちらはチーズフォンデュは冬に食べるもの(日本の鍋料理感覚)らしいです そしてこれはパンをつけるだけだとか・・・
お肉のフォンデュはだし汁にお肉をつけて お好みのケチャップや マヨネーズなどで食べますよ。
日本のシャブシャブかしらね??
d0219351_14331934.jpg

夕食を21時前に済ませてブラブラ帰ってもまだ明るい~~~~~
お部屋に帰って 明日のマッターホルンの朝焼けを期待して床に着きました。



明日以降 まだまだ 続きます。
[PR]
by nobkonsky | 2013-07-14 16:44 | スイス | Comments(6)