八ケ岳登山 三日目(7月18日)

昨日は3時に小屋着で、この小屋はウエルカムコーヒーが有ります。そのコーヒーは本格的な立て方のコーヒーでして・・・・食事までのんびり夕景を見ながらまどろんでいました。
五右衛門風呂に入って二人でささやかにビールで乾杯です。
食後は満点の星空を楽しみ個室でゆっくりとストレッチなんぞをしながら休みました。
私は知らなかったのですがサットンは談話室で、衛星TVでなでしこJAPANの生中継をを見て興奮していたとか・・・・
5時から朝食です ここもバイキングです。
d0219351_18383127.jpg

日の出も見て・・・・
d0219351_18385552.jpg

ほらほら富士山もバッチリ見ることが出来ました。
d0219351_18392495.jpg

情報が入りました午前中は晴天だが、お昼からは雨になる様子です。
雨に会わなければ良いのですが・・・少し予定を早めて5時45分に山頂目指して出発です。
d0219351_18442415.jpg

後ろを振り向くと展望荘が小さく見えます。
d0219351_18455574.jpg

d0219351_19214950.jpg

50分のキツイ登りで赤岳頂上に到着・・・キツカッタなぁ 鎖 梯子で ヘロヘロで カメラを出す余裕も有りません(;一_一)
標高2899mで感慨無量です。
d0219351_19221981.jpg

d0219351_19224894.jpg

360度の大パノラマ 前面に南アルプスの北岳 千丈岳 甲斐駒ケ岳が…右を見ると中央アルプスの
木曽駒ケ岳と宝剣岳 横に連なり立山 剱岳そして鹿島槍ヶ岳 五竜岳 さらに右に目をやると御嶽山 乗鞍岳 その右へ穂高 槍ケ岳 一番右端に白馬岳が雪を残して輝いています。
最高!!言葉もありません ただただ感動です(これ総てサットン談)

大休止で時間が経ちました これから下山開始です。
岩場 鎖場 梯子 登りよりも危険です 慎重に 慎重に・・・私この下りでサットンより30分も
遅れてしまいました。
d0219351_19331026.jpg

ルートはゆるやかなコースを選択して一旦下り中岳へ登り返して阿弥陀岳の分岐の中岳のコルから中岳道を通り行者小屋までのコースを取りました。
途中の中岳山頂で 若者たちと談笑・・・盛り上がりました。女性3人組の山ガールと有るサイトで帰って来てからお友達になり盛り上がっています。
d0219351_1945565.jpg

行者小屋にサットンは9時半に着いていたらしい・・私ここでも30分の遅れを出してしまいました。
行きかう人に、お一人ですか?なんて言われたり・・先に行っていますよぉ・・・出くわしたら 歩いていましたよと 伝えて下さいね・・なんて言いながら、がれ場を下ります。
ヘロヘロで行者小屋に着くとベンチに余裕で座っています 遅かったなぁ・・水分補給して トイレタイムを取り・・私の休憩は10分位かな???

これから地図では1時間40分の所をかなりの大幅なペースダウンですお恥ずかしい2時間30分もかかってしまいました。ここまで来て怪我でもしたら大変です 
ペースダウン何てなんのそのです(^_-)-☆
d0219351_19542813.jpg

やったあぁ 美濃戸に着きました。
d0219351_1956369.jpg

ざるそばとスイカで元気を取り戻しました。
ここから1時間入口の美濃戸口まで歩きます。。。でもねヒッチハイクで車に乗せてもらいました。
私の引きずっている足元を見て止まってくれたんでしょうね ありがとうございました。
美濃戸口で駐車しておいた車に乗り  近くの原村の温泉に・・疲れをいやし さっぱりと・・・
これから一路大阪です。 温泉を出ますと雨が落ちてきました。下山の時すれ違った登りの人達は
山頂まで無事だったかななんて思いながら・・凄まじい雨足でしたもの・・・・
途中 養老のサービスエリアで味噌カツ御膳を食べましたよ。
往路は5時間復路は7時間もかかりました、サットンいわく、私 7時間の内3時間は助手席で   居眠っていたそうな ゴメンチャイ!
10時20分に我が家着です お疲れ様 あぁ楽しかった しんどかった 最高やった!
高山植物を愛でて 展望がよく 2泊3日の南八ヶ岳縦走の山旅でした。
なにもかもひっくるめて今までの登山で最高の山でした。足の痛さも入れてね(^_-)-☆

来年の事を言うと笑われそうですが 花の100名山 石川県の白山に行きたいと言っていますが・・・どうなりますことやら・・・・

お花は後日に続きます。


ノブコンのぶらり探訪(以前のブログ)
暮らしの歳時記
教室便り
おしゃべりBOX
[PR]
by nobkonsky | 2011-07-22 20:17 | 山歩き
<< 八ケ岳に咲く花 八ケ岳登山 二日目(7月17日)№2 >>