八尾おわら風の盆

恋焦がれて長年の夢だった八尾おわら風の盆に2~3日で行って来ました。
2日サンダーバード7時42分発 JR特急サンダーバード3号で高岡まで 高岡でネット友の雅さんと待ち合わせです。
私の方が40分程早く着きます 駅には2日間お世話になるVIVIさん とゆりかごさんが迎えてくれました。
VIVIさんとは9ヶ月振りで再会 ゆりかごさんとは 早いものでもう6年位になりますでしょうか。
勿論3人でハグでの再会を喜ぶあいます。コーナーの真ん中でキット可笑しな光景に映った事でしょうね。

雅さんを待つ間駅を出て小さなギャラリー兼喫茶店でお茶をしながら もう 立て続けにお喋りが始まります。
今回のお邪魔する事は去年から決まっていましたが その間に雅さんが大きなケガをしまして…参加できるか心配していましたが・・・何だか目標が出来てしっかり治されたようで VIVIさんが八尾は歩くばかりだっから と心配していましたが 心配するにはおよばずでした。
 
八尾の夜の写真は沢山 それこそ凄い枚数を撮りましたが UP出来るのはほんの数枚です。
そんな話をするとやさしい友は使ってねと送ってくれました。 VIVIさん 雅さんありがとう 使わせて頂きました。
早々と 言い訳を書きました((+_+))

雅さんが到着です 雅さんとは1年に一度毎年ドームホテルでお泊まりです心なしか足を引きずっている?
大丈夫かな??
11時過ぎですのでお昼にしましょう~~~~連れていって頂いたのは。
私のたっての希望で 砺波市にある古民家を再生した お店です 手打ち石臼挽き 福助 
d0219351_1311137.jpg

予約が取れないお店らしいですがVIVIさんの計らいで・・・大阪 東京から ここのお蕎麦が食べたいというお友達を案内しますなんてTELして・・・・(ちゃうちゃう おわらに来たんだよ ←心の声)
 美味しかったぁ 満足 満足 蕎麦汁まで頂いたわぁ(^_-)-☆

そしてここからは高速を使って氷見市余川にある 景色の良い丘の上にあるワイナリーと農園の
セイズファームです。
後ろを振り返れば氷見の町が一望です。 遥か向こうの対岸には立山連峰が一望できる時も有るんですって!見えませんでした 残念!
d0219351_13133559.jpg

そして~~~3人さんは一列になって 進んで行きます まって~~~~~!
お勧めのハーブティーを頂きました ブレンドで これも美味しかったです。
d0219351_13163598.jpg

ここからホテルにチェックインです。ホテルグランティア氷見 和蔵の宿
5時半のお迎えの約束をして ひとまずVIVIさん ゆりかごさん とお別れです。
ゆりかごさんとはここでお別れです。 私達2人は このホテルご自慢の露天風呂で汗を流して・・・・
キット今晩は夜通し朝方まで帰れないので入っておくことにしましたよ。

約束の時間にお迎えが・・・・今晩のお食事処ろに~~~
d0219351_1345569.jpg

八尾に繰り出す人数はVIVIさんのお友達に私達二人を入れて頂いて総勢13人です。
ここでお食事をして自己紹介です 皆様よろしくお願いします。去年大阪から 人生の楽園を求めて移住したご夫婦とお席を隣り合わせにと配慮して頂きました。
8時前からのお食事です。 地元の方ばかりですので 観光客が帰ってからゆっくりと楽しむようにして頂きました。
こんな許可書を頂かないと車で中に入れないそうですよ。
d0219351_1352848.jpg

10時を過ぎています 10時までシャトルバスが動いていますので 一般の観光客はとっくに退散しています。
それでしようね ごった返すような人出ではなかったもの~~~~
d0219351_145126.jpg

d0219351_1452974.jpg

↑雅さんにお借りしました。
d0219351_1465431.jpg

d0219351_1474696.jpg

↑VIVIさんにお借りしました。
d0219351_1483428.jpg

↑とっておきの1枚です。
d0219351_1491679.jpg

↑VIVIさんにお借りしました。 輪踊りに参加しました よく見ると皆さんと振りがちがう・・・・
見ながら手足をでしているので遅れているんですね。

八尾風の盆一言で言い表せない感動を覚えました。
越中おわら節の哀切感に満ちた旋律にのって、坂が多い町の道筋で無言の踊り手たちが洗練された踊りを披露する。艶やかで優雅な女踊り、勇壮な男踊り、哀調のある音色を奏でる胡弓の調べなどが来訪者を魅了する。
写真はボケボケで 情けない思いですが  頭の中には胡弓の音色 歌い手の切なく聞こえる声 編みがさをかぶった優雅な女踊り そして勇壮な男踊り しっかりインプットされております。

ちょっと皆様にこの気持ちがお伝えできないのが残念です・・・・・

2時過ぎまで さまよっておりました。そしてホテルに着いたのは3時15分 眠りに着いたのは4時・・・・・



朝8時過ぎに目が覚めました お朝食は9時までです。
朝ぶろに入り朝食に・・・・・帰って見るとゆりかごさんから携帯に℡着信が・・・・・置いて食事に出たので
フロントから伝言が・・・お宅からホテルまで来てくれるとか嬉しいねぇ~~~
お部屋で写真を写しあいしたり(お披露目したいけれどもお二人の許可が要りますのでごめんなさい!)
チエックアウトを済ませて昨晩ご一緒した 柿さんのお店に4人で 留守宅のお土産を買いに・・・
氷見柿谷水産
にお土産を買いに~~~~
ピカピカのイワシ・・・選別を一匹一匹されていました。
もうお正月のゴマメの準備とか-・目のあたりにして こんなピカピカ 見たことが無く感動でしたよ。
d0219351_14365169.jpg


ここでゆりかごさんとはお別れです お忙しいのに時間を作ってわざわざ今日まで有り難うね(●^o^●)

今日の昼食は 金沢にある葡萄の木で昼食です
d0219351_14442635.jpg

私は以前にも連れて来てもらいました 今回で2回目かな!
d0219351_14453341.jpg

食事中 ものすごい雷雨があり一時足止めをされましたが 一時的でしたので様子を見て一路金沢市内に!
ひがし茶屋街は、古い街並みが数多く残る金沢の中でも、特に代表的なエリアです。
 1820(文政3)年、加賀藩の政策によって整備された街で、1831(天保2)年にいったん廃止。1867(慶応3)年に再び公認されて、長らく繁華街として栄えた場所です。現在も、当時の建物が残っており、タイムスリップしたような雰囲気が味わえます

d0219351_14501046.jpg

d0219351_14503932.jpg

d0219351_1450557.jpg

d0219351_14512410.jpg

d0219351_14514239.jpg


そして最後は金沢の台所 近江町市場 に連れて行ってもらいました。
d0219351_14562510.jpg

珍しい野菜がありましたが 荷物になるので 2個ほど・・・・・
ブラブラしているうちに帰りの電車が・・・・
d0219351_14582222.jpg

鼓門というらしいです。
d0219351_1574535.jpg

そしてお土産は~~~
d0219351_1581841.jpg

d0219351_15171561.jpg

d0219351_15173248.jpg


念願の風の盆に行くことが出来ました 一粒の雨が落ちても中止になると言う 風の盆ですが。
食事中には雨が降っていたようですが 皆さんの晴れ女の威力はたいしたものです。
風の盆にご一緒したVIVIさんのお仲間 柿さん よろさん始め他8名のお仲間の皆様有り難うございました。
未だ余韻に浸って 風の盆症候群の病にどっぷりつかっております(^o^)/。

皆様 おつき合い有り難うございました。
ノブコン 記
[PR]
by nobkonsky | 2012-09-06 15:24 | ちょっとお泊まりで
<< 岸和田 長居植物園 >>