上高地 穂高

涸沢の紅葉を見ずして穂高を語ることなかれ・・・とサットンは言っています。
二人の長年の夢が叶いました。
10月12日~14日まで出かけて来ました。
8時 新大阪 のぞみで9時名古屋着 特急しなの11時松本着 松本電鉄で新島々で30分です。
アルピコバスで上高地バスターミナルまで1時間です 1時20分に着きました。
d0219351_2122563.jpg

御存じ上高地のかっぱ橋が遠くに見えます。
d0219351_21272264.jpg

おおお 人 人 人ですねぇ。
d0219351_21263945.jpg

私達も御多分にもれず これから登る穂高連峰をバックに ハイピース。
d0219351_21292137.jpg

穂高連峰です。
d0219351_2129335.jpg

穂高奥宮 参道に着きました
d0219351_21352425.jpg

この吊り橋を渡ると明神池です。
d0219351_2135415.jpg

有名な嘉門次小屋です 日本近代登山の父、W・ウェストンの山案内人として知られる上條嘉門次。
彼のひ孫に当たる4代目がここ嘉門次小屋の当主です。
明治13(1880)年に建てられた当時の雰囲気を伝わります。
小屋の横ではイワナの塩焼きが炭火で・・・・とっても良い臭い。
d0219351_21361295.jpg

明神池です。
d0219351_21363754.jpg

d0219351_2137621.jpg

さぁこれから 今日のお宿までダラダラ道を1時間歩きます これが結構疲れます。
d0219351_21521555.jpg

程良い歩きを~~~わぁテントが見えて来ました。
d0219351_2154368.jpg

今日のお宿は徳沢園です
井上靖氏の小説 氷壁 の舞台の宿、徳澤園です。
d0219351_220457.jpg

まずはチェックイン前に有名なソフトクリームを食べて・・・400円です。
カレーライスも有名 850円 帝国ホテルは2000円なんですと!(カレーは15日下山の時に食べました)
d0219351_2234389.jpg

暖炉を挟んで夕食と朝食です。 これが山小屋?ホテルのようです。
素晴らしいお風呂もあるんですよ。
d0219351_228117.jpg

朝食は7時です。 朝食前に サットンが奇声を出してカメラのシャッターを・・
d0219351_22103811.jpg

前穂高のモルゲンロートです ↑ ↓
モルゲンロートとは、御来光によって山々が赤く染まること。逆に夕日で染まることをアーベンロート・・・・
なんと神秘的な事でしょう
 
d0219351_22112082.jpg

素晴らしい こんな現象を見たのは初めて 興奮しました。
7時半に徳沢園を出発です。 さぁとこれから6時間の行程を歩きます。

明日に続きます。



暮らしの歳時記
教室便り
[PR]
by nobkonsky | 2012-10-16 22:28 | 山歩き
<< 上高地 穂高 2日目 岸和田 >>